コラム

「『岐阜』という地名」  辻田 崇2017.11.07

株式会社テクノアの本社があるのは岐阜県岐阜市です。

 

「岐阜」という地名は、

織田信長が名付け親である説が有力です。
 

美濃国の稲葉山城(現・金華山)を攻略し、斎藤氏を追放した後、
信長はこの地を「岐阜」に改名しています。

 

古代中国 周の文王が岐山の麓より国を興して800年の

天下泰平の世を築きました。その〈岐山〉の〈岐〉と、
学問の祖である孔子が生まれた〈曲阜〉の〈阜〉をとって
「岐阜」と名付けたという説があります。

 

また、この頃から信長は、「天下布武」という印を使いはじめています。
それは一般的には「天下を武力をもって治める」という、
少々物騒な意味に聞こえるかもしれません。
この〈武〉という漢字が、力の強さを連想させるからだと思います。

 

〈武〉という漢字は、“戈(ほこ)を止める”と書きます。
意味を調べていくと、

 

・暴力を禁止する

・戦いを終わらせる
・民を安んじる
・人身を和ませる
・くらしを豊かにする 

 

という意味も含まれているそうです。
(他にも多数あるようですが。)

 

「岐阜」への改名や、「天下布武」を掲げることで
天下を統一して、戦のない平和な世が長く続きますように、
学問によってより豊かな暮らしができるようにという、
信長の祈りが込められているのではないかと思います。

 

 

同じ岐阜の地からはじまったテクノアも、

そして『TECHS』も、
ただ多くのお客様に導入していただくだけではなく、
お客様のためになるように、
日本の製造業をがもっと元気になるように、
なお一層精進していきたいと思います。

 

今後も、株式会社テクノアおよび『TECHS』シリーズを
ご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。

 


TECHS事業部 東日本顧客支援部 課長 
辻田 崇