製造業DXが進まない理由は?推進するために取り組むべきこと

著者:ものづくりコラム運営 製造業DXが進まない理由は?推進するために取り組むべきこと

DX(デジタルトランスフォーメーション)は現代のビジネスにおいて、日本企業の競争力を強め、生産性や経済力を向上させるための重要な要素となっています。しかし、製造業においてDXの導入が遅れているケースは少なくありません。この記事では、製造業でDXが進まない理由と導入に向けて取り組むべきアプローチについて解説します。

1.製造業DXの基礎知識

製造業DXの概要と、DX導入により実現できることについて簡単に解説します。

製造業DXとは?

DXとは「デジタルトランスフォーメンション」の略称で、デジタル技術を活用してサービスやビジネスモデルを変革することです。製造業DXでは、製造工程のデジタル化や製品やサービスの一元管理による業務効率化、生産性向上などがあります。

具体的にはIoTデバイスやセンサー検知を用いて工場の製造工程をリアルタイムでモニタリングしたり、サプライチェーン全体の見える化や最適化を図ったりします。リードタイムの時間短縮や在庫管理コストや作業工数の削減を実現するのです。

DXは、IT化やデジタル化とは異なります。IT化やデジタル化は、既存の業務の一部をアナログからデジタルに置き換えることです。一方、DXは企業全体の戦略に合わせたデジタルの変革が求められます。注目を集めているのは、スマートファクトリーやデジタルマーケティングなど機械設備投資の活用方法です。

DXを実現するための3つのステップ

DXを実現するためには、「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」「デジタルトランスフォーメーション」の3つのステップで改革を進める必要があります。

STEP1:「デジタイゼーション」
アナログ情報をデジタルデータに変換するプロセスです。たとえば、紙の書類や設計図面など企業の情報資産を、スキャナでデジタルファイルに変更します。

 

STEP2:「デジタライゼーション」
デジタルデータを実際の生産工程に落とし込むプロセスです。たとえば、生産管理システムや生産スケジューラを用いて企業のデジタルデータを整理・分析することが挙げられます。

 

STEP3:「デジタルトランスフォーメーション」
デジタルデータを用いて実際の業務プロセスやビジネスモデルの変革を目指すプロセスです。AIをデータ活用した分析から新たな市場や顧客ニーズを発見したり、IoTを用いて業務プロセスの生産効率化や製品を開発したりすることが挙げられます。

製造業DXを実現するためには、業務のデジタル化とその有効活用、プロセスの変革の3ステップを経て進めることが重要です。

製造業DXの導入で実現できること

製造業DXで実現できることは多くありますが、特に代表的なメリットについて解説します。

・人材不足の解消
DXにより業務が効率化すれば、必要な労働力を減らせます。AIやロボットをデータ活用した製造ラインの自動化を進めることで、労働作業を効率化して属人的な作業を減らせるのです。センサー検知を用いた品質検査では、人為的ミスの削減や従業員の労働負荷の軽減につながるでしょう。現状よりも少ない人員でプラットフォームの生産性向上も見込めるため、製造業の利益の確保にもつながります。

 

・新しいサービスや製品の開発
デジタルデータの活用によって、顧客データ・SNS・口コミなどのビッグデータの分析ができるようになります。これにより、既存のサービスや製品では満たせなかった顧客のニーズを明らかにすることも可能です。

 

・業務の属人化防止
個人で把握していた業務のデータ化、マニュアル化が可能になります。個人の技能に関係なく一定以上の水準で業務ができるようになり、業務の属人化を防止するのです。社員の休暇や退職によって起きる、品質や業務効率の低下などを抑える効果も期待できます。

2.製造業DXが進まない主な理由

なぜ自社のDX化が進まないのでしょうか?DXが進まない製造業において、よくある理由を解説します。

社内のDX理解度が低い

組織内でDXが理解されないままだと、なかなか進みません。製造業DXの推進によって業務負担が増えると勘違いしている社員もいます。DXを実現することによって「業績を上げながら定時退勤できる」など労働者にもたらされる価値やメリットを理解している従業員が少ないケースもあります。

DX推進のための人材が不足している

製造業界の中小企業では、今でもITリテラシーの高い人材のリソースが不足しています。DX推進のための人材を育成できない企業が多い点も理由です。製造業全体での人手不足も原因といえるでしょう。

予算の確保ができない

DX推進には、機器やITツールの導入にともなう初期投資コストがかかるため、予算の確保ができないことも原因です。IoTデバイスやセンサー検知、AIツールの導入などには数万円から数千万円かかる場合もあり、さらにはランニングコストも計上しなければなりません。機器やデジタルツールの導入に向けて、従業員への教育・研修コストもかかることからDXの推進が遅れる場合もあります。

DXを導入するための環境が整備されていない

DXを適切に導入するには、社内のITインフラや組織体制なども整備しなければなりません。ストレージの管理、セキュリティ対策、社内管理の整備など環境整備を一から構築する必要性がある点もDXの推進が遅れる原因の一つです。

DXのビジョンが不明確

DXのビジョンが不明確だと、推進が進みません。DXの推進にはRPAの実現や生産性向上、コスト削減、顧客満足度向上、持続可能な経営の実現などビジョンの定義が必要です。「DXの導入が目的」になっている企業では、自社のDX化が部分的になっていたり、ツールの機能を使いこなせずに効果が限定的であったりします。

3.製造業DXを推進するために取り組むべきこと

それでは、製造業のDXを成功させるためには、どのような取り組みが必要でしょうか。

社内のDXに対する理解促進

まず必要なのは、DXに対する組織全体の理解を深めることです。従業員がDXの意義を理解して、社内で価値を共有できると、最先端のシステム導入や柔軟な業務改革も受け入れやすくなるでしょう。そのためにはDXリテラシーを向上させる必要があります。
DXリテラシーとは、DXを正しく理解し活用できる能力です。
社員のDXリテラシーを向上させるには、社内研修やDX検定™、IT関連資格の取得を推奨し、会社が支援する姿勢が大切になります。

人材の確保と育成

DX推進には、デジタル技術に精通した社員の育成が必要です。DX推進を担当する社員には、外部専門家による研修など経験やスキルを得る機会をつくりましょう。社内に人材が不足している場合は、外部の人材を活用したり、新たに人材を採用したりする方法を検討してもいいでしょう。

業務環境のオンライン化

現状のデジタル環境を見直し、オンライン化していきましょう。データのクラウド化や一元管理などは、DX推進に不可欠な要素です。現在オフラインで管理している業務データは、オンライン化を進める必要があります。スケジュール管理のデジタル化や資料のクラウド化など、基本的なオンライン化から取り組むのがおすすめです。

4.製造業DXを進めるときの手順とポイント

製造業DXを推進するための具体的な流れとポイントについて解説します。

1.現状を把握する

まずは現状を把握し、DX戦略の進め方を明確にしましょう。現状把握には、業務の担当部署や使用しているデジタルツールなど業務過程の洗い出しが必要です。業務過程ごとの課題や従業員の要望を整理し、検討することでDX化を進めるビジョンを策定します。

2.DXを前提とした企業ビジョンを共有する

DX推進に取り組む目的やDX化のビジョンをわかりやすく提示し、組織全体で共有します。実現したいイメージを社内全体で共有すると、従業員の理解や協力を得やすくなるでしょう。

3.デジタルツールについての理解を深める

デジタルツールについて理解を深めていないと、長期的に活用するデジタルツールの選定ができません。自社に適したデジタルツールを選ぶことが、今後の運用を円滑に進めるための指標になります。

4.DXを推進するチームをつくる

DXを推進するチームをつくることも重要です。DX推進の旗振り役になる人材や、組織を立てるとスムーズになります。チームで組織的に推進活動を行うと、社員の協力や理解を得やすくなる点がメリットです。

5.優先順位を検討する

成果が上がりやすく、導入の難易度が低いものから優先的に取り組みましょう。機器やツールの導入は一括でまとめて刷新することが理想的ですが、難易度が高く現実的ではありません。大規模な導入はリスクも高くなるため、段階的な導入が推奨されます。

優先順位の設定は、状況を見える化するなど従業員にとってメリットがわかりやすく、費用対効果が期待できるものから取り組むとよいでしょう。
品質管理におけるセンサー検知カメラや、スケジュール管理のデジタル化などがおすすめです。

6.デジタルツールの導入後も改善を続ける

製造業のDX化は、システムを導入したら終わりではありません。改善を続けていくことで、さらなるDX推進につながります。むしろ、導入後の管理と業務改善こそを重要視すべきです。

たとえばマーケティングツールを導入しても、ただ毎月レポートを出力するだけでは効果は感じられないでしょう。データ収集・解析・実践・検証のプロセスが重要であり、それぞれの変化を記録して専門的なアプローチが求められます。導入後の成果を検証して、業務改善計画の実行と検証を続けるPDCAサイクルを回すことで、実践的なDX推進につながるのです。

5.DX推進は社内全体で円滑に進めよう

DXは企業の競争力アップや生産性向上に大変重要ですが、製造業では進まないケースがあります。製造業DXを推進していくには、組織全体のDXに対する理解を促し、デジタル人材の確保と育成が欠かせません。業務環境のオンライン化も必要になります。

製造業のDX推進は、取り組みやすいデジタルツールからスタートすると、リスクも少なくなるでしょう。まずは、製造業のDXを促進するシステム・サービスとしてテクノアの「AI類似画面検索」の導入がおすすめです。「AI類似画面検索」は、AIが瞬時に過去のCADの図面を取り出してくれるため、図面を探す作業にかかる時間を短縮します。

導入によって、図面作成が必要な業務の見積もりの精度が向上し、見積もりにかかる時間の短縮も可能です。過去の似た図面を参考にできるため、設計スピードも向上し重複作成も排除します。さらに、過去の注意点や加工手順、使用工具なども共有できるのです。従業員にとってメリットがわかりやすく、費用対効果が期待できる「AI類似画面検索」の導入をご検討ください。

※製品の詳細はこちら

この記事をシェアする

TECHS-S NOA

記事カテゴリー

よく読まれている記事

           

お役立ち資料ランキング

記事カテゴリーCategory

全ての記事一覧