製造業向けクラウド型生産管理システムのメリットや導入時のポイント

著者:ものづくりコラム運営 製造業向けクラウド型生産管理システムのメリットや導入時のポイント

クラウド型生産管理システムとは、ベンダー側が用意したサーバーにインターネットを通じてアクセスし、利用できる生産管理システムを指します。生産管理システムとは、事業の根幹にかかわる「生産管理」における課題解決や、業務の効率化を実現するために欠かせないシステムの一つです。クラウド型生産管理システムで生産活動に必要な情報を一元管理できれば、コスト削減や負荷軽減など多くのメリットを得られます。一方で、クラウド型のシステムを導入することによるデメリットも存在します。

本記事では、中小製造業がクラウド型生産管理システムを導入するメリットやデメリット、押さえておくべきポイント、おすすめの生産管理システムについてわかりやすく解説します。クラウド型生産管理システムの導入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

 

1.クラウド型生産管理システムのメリット

はじめに、クラウド型生産管理システムを導入することで期待できる代表的な5つのメリットについて解説します。

導入コストやランニングコストを抑えやすい

1つ目のメリットは、導入コストやランニングコストを抑えやすい点です。システム利用に伴って発生する主な支払いはライセンス単位の月額料金のみとなり、オンプレミス型と比べると特に初期費用が安価となりやすい傾向があります。バージョンアップやシステム障害の対応はベンダー側に任せられることから、システムの開発費用やメンテナンス費用も一切かかりません。

運用負荷の軽減が期待できる

2つ目のメリットは、運用負荷の軽減が期待できる点です。運用をサービスの提供事業者に任せられることから、サーバー管理やメンテナンスのための業務が少なくなります。必然的に、利用者やシステム担当者などの負担を軽減しやすくなるといえるでしょう。

データ共有がスムーズになりやす

3つ目のメリットは、データの共有がスムーズになりやすい点です。インターネット環境さえ整っていれば、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末から、1つのサーバーにアクセスしてコンテンツやファイルの共有が可能となります。また、サービスによっては同時アクセスや同時編集も実現するため、利便性に優れます。

導入後すぐに利用を始められる

4つ目のメリットは、導入後すぐに利用を始められる点です。クラウド型生産管理システムではサーバーの手配や準備期間などが短縮されるため、利用までの時間が大幅に短くなります。

必要な機能をカスタマイズできるケースがある

5つ目のメリットは、必要な機能をカスタマイズできるケースがある点です。製品によっては、個々の機能を組み合わせて自社の用途に応じてカスタマイズできる場合があります。例えば、生産管理システムと会計ソフトの組み合わせなどです。自作もしくはオーダーメイドでシステムを構築する場合、機能についてもカスタマイズしやすくなります。カスタマイズ可能な生産管理システムは、生産方式や生産体制などが変更となった場合であっても、柔軟に対応しやすいといったメリットも挙げられます。

2.クラウド型生産管理システムのデメリット

次に、クラウド型生産管理システムを利用する際の代表的なデメリット2つを解説します。

買い切り型の方が安く済むことがある

1つ目のデメリットは、買い切り型のシステムのほうが安く済む場合がある点です。比較的安価なサブスクリプションモデルのクラウド型システムであっても、利用条件によっては買い切り型のほうが安く済む場合があります。具体的には、利用規模が大きい場合やライセンス数が大きい場合、利用期間が長期にわたる場合などです。ライセンス数によって月額利用料が変わる場合もあるため、社内での利用範囲などを確認した上でシステム検討が必要です。

自社内でセキュリティ管理ができない

2つ目のデメリットは、自社内でセキュリティ管理ができない点です。これは、セキュリティ管理の運用の一部をサービスの提供事業者に頼ることになるためです。万一ベンダー側のシステムに不正アクセスがあった場合に、自社の情報漏えいにもつながるリスクがあるため、こちらも注意しなければなりません。対策として、導入前にはセキュリティに関する機能や体制を十分にチェックしておく必要があるといえるでしょう

3.クラウド型生産管理システムを導入する際のポイント

ここからは、クラウド型生産管理システムを導入する際に押さえておくべき2つのポイントについて解説します。

自社の生産方式に適したシステムを選ぶ

1つ目のポイントは、自社の生産方式に適したシステムを選ぶ必要がある点です。システムによって対応できる生産方式が異なることから、自社がシステムを使用する際の用途・目的をあらかじめ整理しておく必要があります。
製造業にはさまざまな生産方式があります。具体的には、見込み生産や個別受注生産、多品種少量生産などです。例えば多品種少量型で部品を製造している場合には、受注から生産、売上までを一元管理でき、かつ複雑になりやすいデータをリアルタイムで可視化しやすいシステムが適しているといえます。

対応可能な業務範囲を確認する

2つ目は、システムで対応可能な業務範囲を確認しておく必要がある点です。システムによっては、受発注の管理、生産計画、実績管理、在庫管理などの販売管理に優れているシステムなど、得意とする領域があります。したがって、自社の業務内容や課題に応じて、必要な機能が含まれているかをチェックするようにしましょう。同時に、既存の自社システムとの連携が可能か確認することも重要です。

4.おすすめのクラウド型生産管理システム「TECHS-S NOA(テックス・エス ノア)」

最後に、おすすめのクラウド型生産管理システム「TECHS-S NOA(テックス・エス ノア)」をご紹介します。TECHS-S NOAは、個別受注型製造業に特化した、クラウド対応の生産管理システムです。クラウド環境で利用できることから、短期間でサービスの利用が開始できます。利用料はサブスクリプションモデルのため、導入コストを抑えたシステム利用が可能です。

生産管理システムは、次のような豊富な機能を持っています。

●部品マスタなどの事前登録なしで運用できる
●CADやExcelから部品表データを取り込める
●転記作業の事務工数の削減可能
●仕掛中の原価と完成時予測原価をリアルタイムに把握
●ユーザーが利用できるデータ抽出&帳票レイアウトツール(EUC Tool)を標準装備
●Webブラウザ対応で簡単に操作できる
●複数の画面を並べて表示できる

TECHS-S NOAの導入によってOA(オフィスオートメーション)効果が期待できるほか、進捗・納期管理の強化と原価低減効果、利益体質への改善と継続効果が期待できます。
TECH-S NOAについて、詳しくは詳細ページからカタログ資料を無料でダウンロードしてご覧ください。

5.クラウド型生産管理システムを賢く使って生産性向上・業務効率化を図りましょう

今後、IT化がますます発展していくことによって、クラウドベースのシステム導入はさらなる増加が予測されます。変化の多い昨今、コストを抑えながら柔軟に対応できるクラウド型の生産管理システムは、中小企業にとって非常に有用なソリューションになるのではないでしょうか。導入にあたってはデメリットもあります。注意点をしっかりと押さえながら現場担当者も含めて入念な検討を進めてください。また、自社に適した生産管理システムを導入する際は、本記事でおすすめの「TECHS-S NOA」についてもぜひ検討してみてください。

この記事をシェアする

TECHS-S NOA

記事カテゴリー

よく読まれている記事

           

お役立ち資料ランキング

記事カテゴリーCategory

全ての記事一覧