製造業を効率化させる5つの方法│低下の原因とおすすめツール

著者:ものづくりコラム運営 製造業を効率化させる5つの方法│低下の原因とおすすめツール

製造業における効率化とは、時間的なコストを抑えつつ生産効率を上げることです。製造業では、作業にかかっているムダな手間や時間がコストになります。また、製造業の生産性は、製品コストに対する費用対効果のことです。すなわち、製造業においては生産性を上げることが利益の向上につながるといえるでしょう。実際には、どのような方法で生産性を上げて、効率化を行えばよいのでしょうか。本記事では、製造業が効率化を図るための5つの方法についてわかりやすく解説します。

1.製造業の効率を低下させる原因

はじめに、製造業の効率を低下させる5つの原因について解説します。

人手不足

一つ目は人手不足です。具体的には、業務量に対して作業員の人数が少ないということを指します。作業員一人あたりの業務量が増えると、効率は低下しやすくなります。
製造業に就く労働者が減少するなど、多くの企業で人手不足が顕在化しているほか、ビジネスに影響が出ている企業も存在します。また、少子化・高齢化に伴って技能人材の育成・確保が難しくなっていることも原因です。

 

業務標準化の遅れ

二つ目は業務標準化の遅れです。業務標準化とは、どの作業者であっても一定の業務品質を確保できるように、業務フローやマニュアルなどを整備することを指します。人材育成の負担を軽減できる、属人化を解消できるといったメリットに加え、生産性の向上も期待できます。すべての社員が一定の品質で作業できるようになることで、タイムロスが減るわけです。したがって、業務標準化は製造業にとって早急に解決すべき課題の一つとなっています。
しかしながら、「見て覚える」が主流だった製造業では、業務標準化が浸透していないというのが現状です。この場合、ベテランが離職してしまうと生産性は大きく低下します。また、ノウハウの蓄積も生まれません。

作業ミス

三つ目は作業ミスです。上述した業務標準化が現場で浸透していないと、作業ミスが多くなり生産性が低下します。また、経験の浅い社員への技術継承や、作業ミスを減らすための設備の導入が行われていないことでも発生します。

他部門との連携不足

四つ目は他部門との連携不足です。製造業では複数の部門にまたがって、製品が製造されていくことになります。そのため、他部門と連携は欠かせません。しかし、データの受け渡しがやりにくい、連絡を密に取りにくいといった状況下だと連携不足に陥り、生産性を低くする結果となります。

部品調達や在庫管理がうまくいかない

五つ目は、部品調達や在庫管理がうまくいかないためです。部品に不足があると、当然ながら生産に支障が生じます。また、在庫管理が適切に行われていないと、過剰な在庫を抱えるリスクもあります。いわゆる「7つのムダ」に該当するおそれもあるため、部品調達および在庫管理はしっかりと行うべきです。

2.製造業の効率化を実現する方法

次に、製造業の効率化を実現するための方法について、代表的な5つの対策を解説します。

設備レイアウトの改善

一つ目は設備レイアウトの改善です。作業機械や設備を適切なレイアウトに改善することによって、作業員が最小限の動きや移動で作業できるようになります。すると、作業ミスが低下したり、作業品質が向上したりといったメリットが期待できます。そのためには、作業員の動線を考慮したレイアウトで設備を配置する必要があります。今の生産体制ではどのようなレイアウトが最適化を吟味して、作業現場のレイアウトを検討するとよいでしょう。

生産ラインの自動化・無人化

二つ目は生産ラインの自動化・無人化です。システムや機械を導入して生産ラインの作業者を減らすことで、従業員の不足を解決できます。また、作業者を減らすと監督者も減らすことができるほか、システムや機械の監視は人を監視するより一元的に行いやすいものです。自社のどの工程で自動化・無人化が可能かを検討し、自社に適したシステム・機械を導入しましょう。

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の徹底

三つ目は5Sの徹底です。5Sは製造現場の生産を効率化させる手段として普及している言葉であり、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の頭文字を取ったものです。

・「整理」:必要なものや作業とそうでないもの、作業を分類し、不要なものを処分すること
・「整頓」:必要な材料や道具をすぐに取り出せるよう、ルールを決めて適切な場所に配置すること
・「清掃」:ゴミや汚れを取り除き、機械のメンテナンスを行うこと
・「清潔」:清潔な状態を維持すること
・「躾」:上記4Sを常に実行できるよう、現場を教育すること

5Sを徹底することにより、生産性の向上が期待できます。詳しくは以下の記事もあわせてご覧ください。
関連コラム:3Sとは?目的や効果、8つの事例・アイデア、活動を進める手順

生産管理システムの導入

五つ目は生産管理システムの導入です。生産管理システムとは、製造業における「計画」「生産」「販売」「在庫」「原価計算」「品質」などを統合的に管理するシステムのことです。生産管理システムを導入することで、現場のデータを正確に一元化できるようになります。一元化したデータの活用は業務効率化、生産性向上に役立つのです。業務がアナログであることに起因するさまざまな問題は、生産管理システムの導入によって解決することが期待できます。

3.製造業の効率化にはツールの活用が効果的

製造業が効率化を図るためには、専用のツールを活用することが効果的です。ここでは、おすすめのツールを三つ紹介します。

小規模企業に適した生産管理システムの「TECHS-S NOA(テックス・エス・ノア)」

一つ目は、個別受注型機械・装置業向けの生産管理システム「TECHS-S NOA(テックス・エス・ノア)」です。クラウド環境で利用できる生産管理システムであり、サービス導入までの期間を短縮できることから、早急に効率化を進めたい企業には最適です。TECHS-S NOAに登録したデータはシステム上で一元管理が可能であり、出力項目を自由に選択して活用できます。作業の省力化や自動化に貢献し、生産性の向上に大きく寄与するでしょう。

生産管理システム「TECHS-S NOA(テックス・エス・ノア)」について詳しくお知りになりたい方は、以下のページを参考にしてみてください。
※製品の詳細ページはこちら:クラウド対応型 生産管理システム『TECHS-S NOA』

AI画像認識を利用して工場の見える化を実現するシステム「A-Eyeカメラ」

二つ目は、AI画像認識を利用して工場の見える化を実現するシステム「A-Eyeカメラ」です。A-Eyeカメラは、ネットワークカメラで撮影した画像を元に「AI(人工知能)」が生産設備の稼働状況を判断し、クラウドに情報を蓄積するIoTシステムです。蓄積された情報をリアルタイムに集計・分析し、全社員で稼働状況を共有することで「工場の見える化」を推進します。工場の見える化によりレイアウト変更や省人化・無人化が行えるため、生産性の向上に役立つでしょう。

「A-Eyeカメラ」について、詳しくは以下のページで紹介しています。
※製品の詳細ページはこちら:生産効率の見える化『A-Eyeカメラ』

多品種少量型の製造業に適した生産管理システムの「TECHS-S BK(テックス・ビーケー)」

三つ目は、多品種少量型の製造業に適した生産管理システムの「TECHS-S BK(テックス・ビーケー)」です。複雑になりがちな多品種少量型のデータを一元化し、管理しやすくするといったメリットがあります。管理職やベテラン社員は事務作業から解放され、知識や経験を生かした製品開発や、顧客開拓に注力できるようになります。

生産管理システム「TECHS-S BK(テックス・ビーケー)」の詳細は以下のページをご覧ください。
※製品の詳細ページはこちら:多品種少量生産 部品加工業向け生産管理システム『TECHS-BK』

以下の記事で、ツールを用いて業務改善を行った企業の活用事例を紹介しています。あわせてご覧ください。
製造業の業務改善事例5選│アイデアや提案を考える手順とヒント

4.業務効率化を実現するにはツール活用も視野に入れて

長期にわたる人材不足や業務標準化の遅れなど、さまざまな要因によって製造業の業務効率は年々低下し続けています。製造業においては、早急な対策を行い、効率化を図ることが急務となっている状況です。そこで、効率化に役立つITツール・システムを有効活用することがポイントだといえるでしょう。
今回は、おすすめのツールとして「TECS-S NOA(テックス・エス ノア)」、「A-Eyeカメラ」、「TECS-S BK(テックス・エス ビーケー)」の三つをご紹介しました。システム化によって業務効率化を実現したい方は、ぜひ導入を検討してみてください。

ものづくりコラム運営

ものづくりコラム運営チームです。
私たちは、ものづくりに関する情報をわかりやすく解説しています!
生産現場での課題解決や業務効率化のヒント、生産性向上にお役立ていただけることを目指し、情報発信していきます!