コラム

第19回「ショートカットで生産性UP」2021.09.17

こんにちは。TECHS事業部 製品開発2課の中武と申します。
皆様はメモ帳やエクセルなどでショートカットキーをお使いでしょうか?

PCはショートカットキーを使いこなすことで、今まで面倒だった手作業の処理をグッと楽にして業務を効率化することができます。

 

[目次]
1.よく使うショートカット
2.これも知っておくと便利

1.よく使うショートカット

・【Ctrl】+【C】コピー
・【Ctrl】+【X】切り取り
・【Ctrl】+【V】貼り付け
・【Ctrl】+【A】全選択
・【Ctrl】+【Z】取り消し

 

実際にエクセルでショートカットを使うと以下のように操作することができます。

 

[【Ctrl】+【A】で全選択した状態]

【Ctrl】+【A】で全選択した状態のExcel画面

 

上の画像が【Ctrl】+【A】で全選択した状態です。

この状態で【Ctrl】+【C】を押すとコピー、新しいシートに【Ctrl】+【V】すると下の画像のように貼り付けることができます。

 

[新しいシートに【Ctrl】+【V】で貼り付け]

新しいシートに【Ctrl】+【V】で貼り付け

 

※一度作成した文書を修正する際に、元の文書を残したまま、新しいシートで修正ができます。

(こうすることで、元シートの内容をすぐに見直せる状態で修正を進められます。)

 

【Ctrl】+【Z】を押すと、前の動作(入力や削除など)をひとつ前の状態に戻すことができます。

戻しすぎたときは【Ctrl】+【Shift】+【Z】でひとつ進められるので、試してみてください。

2.これも知っておくと便利(※Windows10の機能です)

・【Win】+【Shift】+【S】スクリーンショット

画面内から範囲を自由に選択してスクリーンショットを取ることができます。
パソコン画面の一部を、すぐさま誰かに見せたい場合に役立ちます。

 

[画面全体] ※赤字になっている部分だけを撮影したい。

Excelの画面全体 赤字になっている部分の説明

 

以下の赤枠で示した3つのキー(【Win】+【Shift】+【S】)を同時に押すと画面が暗くなるので、ドラッグ&ドロップで撮影範囲を選択してください。

 

「Win」と「Shift」と「S」を赤で囲んだキーボード

 

[ほしい範囲を選択して撮影した画像]

ほしい範囲を選択して撮影した画像

 

このように必要な範囲を選択してスクリーンショットを撮ることができます。
範囲を選択する方法はドラッグ&ドロップなのでとても簡単です。

 

範囲を指定する他にも、画面全体を撮影したり(【Print Screen】)、アクティブなウインドウだけを撮影したり(【Alt】+【Print Screen】)するショートカットもあります。

以下に参考画像を掲載しますが、これらはデバイスによってショートカットの内容やキーの位置が違う場合もあるため、必要に応じて調べてみてください。

 

[画面全体を撮影するショートカット]

「Print Screen」を赤で囲んだキーボード

 

[アクティブなウインドウだけを撮影するショートカット]

「Alt」と「Print Screen」を赤で囲んだキーボード

 

 

ショートカットは使い慣れると非常に便利なので、ぜひ使いこなして業務効率化を目指してみてはいかがでしょうか?