ポカヨケとは?ポカミスが起こる原因やポカヨケに取り組むメリット

著者:ものづくりコラム運営 ポカヨケとは?ポカミスが起こる原因やポカヨケに取り組むメリット

製造業におけるポカヨケは、従業員の「うっかりミス」や「不注意」による不良発生を未然に防ぐための効果的な仕組みやツールのことです。製造現場では、作業手順の誤りや締め忘れなどが原因で、事故や品質問題が発生するリスクがあります。ポカヨケの仕組みやツールの導入により、これらのリスクを回避し、安全性や生産性を向上させることができます。

ポカヨケの意味や目的

ポカヨケとは、作業ミスやヒューマンエラーを防ぐために考案された仕組みや装置のことを指します。一般的に製造業における工場の生産ラインに設置され、人の手による「ポカ」と呼ばれるミス、例えば異物の混入や部品の検査漏れなどを防ぐ目的で使用されます。これらのミスは品質の低下を引き起こし、最悪の場合には安全上の事故に繋がるため、ポカヨケによる対策が極めて重要です。
ポカヨケの目的はヒューマンエラーによる不良品の発生を防ぎ、製品の品質保持と製造効率の向上にあります。ポカヨケの導入により、製品のコンシステントな品質を実現すれば、顧客満足度の向上も期待できます。

ポカミスが起こる原因

ポカミスは作業者の一瞬の不注意や認識の誤りから生じることが多いです。しかし、ヒューマンエラーには明確な原因があり、それを理解し対策を講じることは製造現場の品質向上に不可欠です。本項では、ポカミスがなぜ発生するのかという具体的な要因を分析し、その予防策を考察します。

情報が正しく伝わっていない

正確な情報が作業員に行き渡らず、結果として作業指示書の書き間違いや部品数の誤記が起こりえます。クリアで正確なコミュニケーション体制の構築が必要です。例えば、作業指示書の誤りを防ぐために、バーコードシステムの導入やデジタル化されたチェックリストの活用が考えられます。

教育や訓練が不足している

作業者側に十分な理解がなければ、適切な手順での作業は難しく、ミスが生じやすくなります。そのため、定期的なスキルアップトレーニングや作業手順の継続的なレビューを行うことが対策となり得ます。一つ一つの工程に応じた実践的な教育プログラムを実施することで、作業員の知識と技術を強化します。

設備や環境が整っていない

故障した機械の使用や不適切な照明条件は、リスクを高め、作業者のミスに直結します。これらの問題を洗い出し、対策を立てることが、ミスを減らし品質を保つ鍵となります。適切な保守管理システムを設け、定期的な設備点検、環境改善のための明るい作業スペースの提供を行うことが効果的です。

ポカヨケに取り組むメリット

ポカヨケは、事故や不良発生を未然に防ぐ重要な対策です。ポカヨケの取り組みを通じて、作業者のうっかりミスを検知し、作業もれや不適切な手順を回避することが可能となります。
AIやIoTを活用した自動化システムの構築や、フールプルーフな工程確認や専用治具の使用など、ポカヨケへの投資は製造工程全体の生産性向上とリスク低減に直結するメリットをもたらします。

不良品を減らす

間違った組み立てや誤った部品の使用など、人的ミスによる不良品のリスクを大幅に下げることができます。不良品の発生を減らすことで、それを処分するコストや、修正・再加工に必要な追加費用を抑えられるため、コスト削減に貢献します。

生産性が上がる

効率的なミス防止策を取り入れることで、作業員は中断されることなくタスクに集中でき、作業効率が格段に改善します。さらに、作業中の小さなミスが減ることで、作業の中断やそれに伴うタイムロスの減少が期待できます。また、前述した、不良品を減らす取り組みと合わせて実施することで、製品の検査、修正にかかる時間と労力の節約を実現します。

事故を防止できる

操作ミスによる生産ライン上の事故や労働災害を未然に防げば、労災発生率を減少させることができます。ミスを防止するためのシステムや治具を設置することで、従業員がより安全に作業を行える環境を構築でき、最終的には生産プロセス全体の安全性を向上させることに繋がります。ポカヨケは品質向上のため以外にも、従業員の安全を守る上での重要な施策として機能します。

ポカヨケ導入の課題

ポカヨケ導入は、作業者のヒューマンエラーを防ぎ、不良発生を減らすために不可欠ですが、その過程にはいくつもの課題が存在します。AIやIoTのような技術を活用し、フールプルーフな製造工程を設計するためには、RFIDタグやバーコードリーダーを用いた効率的な在庫管理、専用治具の開発、及び色分けや形状識別などのシステム構築が必要です。しかし、これらを実現するためには、適切なタイミングでのノウハウや知識の伝達、従業員への継続的な教育が重要となります。

システムやオペレーションの構築が大変

ポカヨケ導入の課題に、方法と導入にかかる手順の確立、それらを日々の作業に組み込む計画の策定があります。各課題に対して、どうアプローチするのかを明確にし、それに沿ったシステムや規則を作ることが不可欠です。特に、この分野の知識やノウハウを持たない組織にとっては、専門的な助言やトレーニングが必要であり、追加の投資や時間がかかる可能性が高まります。

現場の理解が必要

ポカヨケ導入には、現場社員の理解と協力が不可欠です。定着するか否かは、彼らが新しいシステムや手順を日々の作業に適応し、積極的に活用することにかかっています。
そのため、導入前に現場の声を十分に聴き、社員が抱える問題点やニーズを理解することが重要です。社員の意見を取り入れた進め方や運用方法を共に検討し、現場主導でのポカヨケ実装を目指すべきです。このアプローチにより、全員が変革の価値を認識し、成功への道を歩むことができるでしょう。

ポカミスの分析、ポカヨケに効果的な製造現場の見える化システム

ポカヨケを効果的に導入するには、何よりもまずポカミス、つまり起こり得るヒューマンエラーの根本原因を洗い出し、それを防ぐための仕組みの設計が不可欠です。これには、ポカミス発生時の状況や背景を多角的に分析することが求められます。
また、現場の作業過程を見える化できるシステムを導入することで、ミスの原因を迅速に特定し、その解決策を明確にし、シームレスな品質向上に繋げることができます。ポカミスの分析から始まり、具体的な対策へと進めるこのプロセスを通じて、製造ラインの効率と安全性は大きく飛躍します。

『A-Eye カメラ(エー・アイ・カメラ) 』

*システム概要
A-Eyeカメラは、AI画像認識を利用した工場の見える化システムです。いつどのようなタイミングで設備が停止しているか、その原因がポカミスなのか設備か、または設定している作業の問題なのか追及し、ポカミスであればその対策を検討しましょう。

AI画像認識を利用した工場の見える化システム『A-Eyeカメラ』

『Ez-Collect(イージー・コレクト)』

*システム概要
Ez-Collectは、作業実績や検査結果をデータができる実績収集システムです。収集データから、どの工程でポカミスが多いかを調査、分析することは、ポカヨケ導入、選定の際に重要な判定基準となるでしょう。

作業実績や検査結果をそのままデータ化『Ez-Collect』

ものづくりコラム運営

ものづくりコラム運営チームです。
私たちは、ものづくりに関する情報をわかりやすく解説しています!
生産現場での課題解決や業務効率化のヒント、生産性向上にお役立ていただけることを目指し、情報発信していきます!