製造業でIoTを導入するメリットは?テクノロジーの活用がもたらす効果

著者:ものづくりコラム運営 製造業でIoTを導入するメリットは?テクノロジーの活用がもたらす効果

IoT(Internet of Things)技術が製造業に革命をもたらしています。技術を利用したリアルタイムなデータの活用により、生産効率の向上、メンテナンスの最適化、品質管理の強化が可能になります。このコラムでは、IoTが製造プロセスにどのように統合され、業界にどれほどのメリットを提供しているかを探求します。

1.製造業におけるIoTとは?

製造業でのIoT導入は、例えばセンサーと連携することで機械のパフォーマンスを透明化させて、生産性向上につなげることを目的とすることなどがあります。機械のセンシング以外でもIoTが製造業にもたらす変革に迫ります。

IoTの基礎知識

「IoT」とは、「モノのインターネット」を意味する「Internet of Things」の略称です。この先端技術は高速通信ネットワーク網の拡充に支えられ、私たちの生活やビジネスを大きく変えています。
IoTにより、設備や機器などの「モノ」がインターネットを通じて相互に通信を行うようになりました。例えば、工場の製造ラインに配置された機械が状態をリアルタイムで報告し、予防保全を可能にするなど、IoT技術はサービスやソリューションに応じて多様な形で取り入れられています。

製造業で導入される先端テクノロジー

IoT技術の製造現場への適用は、ドイツ政府が進める産業革命構想「インダストリー4.0」の影響を受け拡がりました。その関連技術として「Machine to Machine」、略して「M2M」も注目されています。M2Mは特定のクローズドネットワーク上でモノ同士が直接データ通信を行う仕組みを指しますが、IoTはM2Mと異なり、インターネットや産業用のオープンネットワークを利用する点に特徴があります。
この違いにより、IoTを用いれば工場設備の遠隔操作やモニタリング、さらにはデータの収集・分析を自動化が可能となり、M2Mでは難しかった複雑なシステムを実現できます。

2.製造業がIoTを導入するメリット・デメリット

製造業にIoTを導入すると、生産性の飛躍的向上やコスト削減、品質管理の徹底など様々なメリットを享受できますが、同時にセキュリティリスクや初期投資、技術習得の課題も存在します。
本項では、IoT導入の明暗についてご紹介します。

製造業にIoTを導入するメリット

製造業にIoTを導入することで得られるメリットは多岐に渡ります。
第一に、製造プロセスのオートメーション化により、品質の向上とコスト削減を両立できる点が挙げられます。IoT機器が収集したデータを活用し、製造ラインの可視化を実現することで、課題の早期発見と解決が可能になり、結果として生産品質と生産性の両面で向上が期待できます。
例えば、リアルタイムモニタリングにより設備の遠隔監視が行え、データの一元管理によって工場の稼働状況の把握や迅速な問題対応が可能です。
次に、稼働コストの削減も重要な利点です。AIを組み込んだIoT機器による不良品の早期発見や品質検査工程の自動化が、人件費の節約や作業効率の向上に寄与します。
最後に、技術伝承の効率化が、特に人材開発の面で重要な役割を果たします。ベテラン社員のノウハウをデジタル化し、それを社内で共有することにより、新人育成を効率的に行うことができるのです。

製造業にIoTを導入するデメリット

IoTの導入が製造業に革新をもたらす一方で、デメリットも存在します。特に、IoTデバイス間の接続がネットワークを通じて行われる点から生じるセキュリティリスクは大きな懸念です。これらのデバイスがサイバー攻撃の標的となることで、企業の重要な内部情報や顧客の個人情報が漏洩する危険性があるのです。IoTデバイスが不正にアクセスされた場合、製造ラインの停止や品質問題など深刻な影響が出るおそれがあります。このため、産業用IoT機器を安全に運用するには、強固なセキュリティとセキュアな通信網の確保が不可欠となります。セキュリティの強化は追加のコストや専門知識を要することが多く、これらの側面はIoTを導入する際の重要な考慮点となります。

3.IoT×生産管理システムが製造業にもたらす効果

製造業ではIoT機器と生産管理システムの組み合わせが注目されています。最新のテクノロジーが結集したこの連携により、データ駆動型の意思決定が可能となります。本項では、IoTと生産管理システムの組み合わせによる効果を紹介します。

IoTを生産管理システムと組み合わせる効果

IoTソリューションと生産管理システムを連携は会社に大きな変革をもたらします。
生産管理システムは工場や本社での製造プロセスをトータルに管理するもので、生産計画、資材、販売、仕入、在庫管理などの複雑なタスクを担うシステムです。スマートファクトリー化を進める多くの企業が、このシステムとIoT機器の連携に着目しています。
IoT機器によるセンサーからの精密なデータ収集と分析は、生産管理システムに豊富な情報を供給し、より賢い意思決定を可能にします。結果として、これらの連携は、データを活用した生産管理システムの効果を最大化し、ビッグデータを活用した予測や最適化も貢献します。

おすすめのIoTソリューションと生産管理システム

IoTと生産管理システムの連携はデータ活用に大きく貢献します。テクノアでは、生産管理システム『TECHSシリーズ』と、IoTソリューションの工場の見える化システム『A-Eyeカメラ』を開発・提供しており、双方のデータを活用した分析が可能です。

■IoTソリューション『A-Eyeカメラ』
『A-Eyeカメラ』は、AI画像認識を利用し、設備や機械の稼働状況を見える化するIoTソリューションです。設備のメーカや年代を問わず導入いただけます。
機械に直接センサーなどを取り付ける必要がないため、専門知識は不要です。低価格・短期間で導入できる点も高く評価されています。

AI画像認識を利用した「工場の見える化」システム A-Eyeカメラ(エーアイカメラ)

■生産管理システム 『TECHSシリーズ』
TECHSシリーズは『A-Eyeカメラ』で取得したデータを取り込み可能です。作業予定時間と実際にかかった時間の比較・分析・検討も行えます。
組立・装置製造業向け生産管理システムTECHS-S NOA(テックス・エス・ノア)

多品種少量生産部品加工業向け生産管理システムTECHS-BK(テックス・ビーケー)

4. 製造業の革新を担うIoTと生産管理システム

IoTの導入は製造業における効率化と品質の向上のカギを握ります。このコラムでは、生産管理システムの概要とIoT機器の組み合わせによるメリットを詳細に解説しました。生産計画、資材・販売・仕入・在庫管理といった生産管理の各段階に対し、IoTから収集されるリアルタイムデータは深い洞察をもたらし、スマートファクトリー化の進展を支援します。
セキュリティリスクや初期投資の必要性といった課題を踏まえ、生産管理システム『TECHSシリーズ』や『A-Eyeカメラ』の利用でデータを最大限に活用していきましょう。

ものづくりコラム運営