製造業のDX推進で課題を解決!成功のポイントや企業の事例

著者:篠田 光貴(しのだ みつたか) 製造業のDX推進で課題を解決!成功のポイントや企業の事例

製造業におけるデジタル変革(DX)は生産性向上を目指す鍵。しかし、既存の慣習や技術選定の難しさが課題となりがちです。このコラムではDXを成功に導いた企業の取り組みや、具体的な成功のポイントを掘り下げていきます。ビッグデータの活用からAI導入まで、先進的な事例を通じて、製造業におけるDX推進のヒントを提供します。

1.製造業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の基礎知識

製造業はDXを進めることで、イノベーションの加速と効率化を実現するチャンスに直面しています。本項では、DXが製造業にもたらす変革の基礎を解説し、どのようにしてデータ駆動型の意思決定やスマート工場の実現につながるのかを探求します。始めの一歩から、持続可能な変革へと進むための知識を提供し、製造業の未来を形作る手助けをします。

製造業でも注目されるDXとは

製造業でも注目されるDXは、デジタル技術やデータを駆使して、企業のビジネスモデルを一新し、競争上の優位性を築くための戦略的な変革です。経済産業省によると、これは企業がビジネス環境の急速な変化へと機敏に対応すること、製品やサービスを社会や顧客のニーズに基づいて創出・改善し、そのプロセスにおいて業務、組織、さらには企業文化そのものまでも変革へと導く活動を包含します。製造業の現場では、製品の設計から生産、供給に至るまでの一連の工程に「スマートファクトリー」と称されるようなIoTやAIを利用し、デジタル化とデータ活用の波が押し寄せています。

【出典】経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX 推進ガイドライン)Ver.1.0」
https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf

 

製造現場でDXを推進する重要性

製造現場でのDXは、企業が直面する長年の課題に革新的な解を提供する可能性があります。属人化した業務プロセスや老朽化した設備は、生産性向上の足かせとなってしまいます。DXを推進し、デジタル技術による効率化の仕組みを構築すれば、生産性向上を見込むことができるのです。
さらに、DXによる変革は、商品やサービスに新たな付加価値を生成し、ビジネスモデルの拡大に貢献する要因となりえます。
価値観や志向の多様化に伴い、消費者のニーズや流行は絶えず変化します。市場が激動する現代において、企業はこの変化に迅速かつ柔軟に対応する必要があります。DXは、こうした市場の動向を正確に捉え、新しい価値を持続的に創出する力を企業にもたらし、持続可能な競争力を構築するための重要な鍵となるのです。

2.製造業のDXを成功へ導くポイント

製造業のDX成功への道のりは容易ではありません。しかしながら、適切な戦略と実践により、その障壁を乗り越えることが可能です。本文では、現場へのIT投資、人材のスキルアップ、ビジネスモデルの変革などにフォーカスして、成功に至るための重要なポイントを紐解いていきます。

製造現場へのIT投資を行う

DX成功へ向けてのIT投資は、企業に新たな競争力をもたらします。要点は、経営資源を適切に活用し利益を最大化するための戦略的な投資です。実際には生産管理システムを通じた一元管理や、RPAを利用したルーティン作業の自動化、さらにカスタマイズ可能なITソリューションの実装が挙げられます。ポイントとして、業績が好調なときこそ、IT投資に取り組むことを推奨します。企業の体力が落ち込んだ状況でのIT投資は困難が伴い、早期の投資こそが将来の変動や不確実性への最適な備えとなり得るからです。

プロジェクトを担当するDX人材を確保する

プロジェクトを成功に導くためには、DXに精通した人材が不可欠です。
DX人材は、企業のデジタル化を推進する中心的な役割を担い、最先端のデジタル技術やデータ活用に習熟していることが特徴です。しかし技術知識だけでなく、プロジェクトを円滑に運営するためのリーダーシップや、関係者をつなぎ合わせるファシリテーション能力も求められます。
これらのスキルは、社内教育によって育んでいくことが可能ですが、時間やリソースの制約を考慮し、必要に応じて新たな人材を採用する、専門知識を持つ外部のプロバイダーに委託する選択肢も視野に入れることも重要です。適切なDX人材の確保と育成が、デジタル変革を成功へと導く鍵となります。

ビジネスモデルの変革を目指す

DXを推進しビジネスモデルの変革を目指す際には、新規商品やサービスの創出が重要なマイルストーンです。しかし、これはデジタル技術の導入やデータの活用を通じた業務の効率化だけでは十分ではありません。DXを成功させるためには、これらの技術を使って自社の競争優位性をしっかりと確立することが求められます。
DXの取り組みが一定の進展を遂げると、企業としての方向性が明確になることが多くなります。そのため、DXの過程では社内の連携を深め、全社的な取り組みを持続することで、実質的なビジネスモデルの転換を達成できるのです。この連携は、長期的な視点を持ち、進化する市場に向けて企業を動かす原動力ともなり得ます。

3.製造業におけるDX推進の成功事例

製造業が直面する課題は多岐にわたりますが、DXを推進し成功を収めている企業は確実に存在します。ここでは、具体的な成功事例を紹介しながら、デジタル技術を活用して業務効率を飛躍的に向上させたり、市場競争力を高めたりした企業の取り組みを探ります。

デジタルツールの導入で業務プロセスを最適化した事例

株式会社今野製作所では、オーダーメイド型事業への移行にあたり、業務プロセスの改善が不可欠な課題となりました。生産形態の多様化による複雑化を解消するため、業務分析ツールによってプロセスを可視化。小規模なシステム開発で自動化を進め、業務効率化を実現しました。
また、外部専門家の協力を得ながら、主体的な改革へと舵を取り、業務の整流化に成功。その結果、既存の強みを活かした事業の再位置づけと新規ビジネスへの取り組みが可能になりました。

【出典】経済産業省『製造業DX取組事例集 株式会社今野製作所「プロセス参照モデル」』
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2019FY/000312.pdf

デジタルツールの開発で作業を標準化した事例

株式会社アイデンは、配線作業の個別性と担当者依存の課題を克服するため、CADベンダーと協力し、作業を標準化・可視化するデジタルツール「IWS」を開発しました。
これにより、人手による工程設計部分の前倒しとデータ化を実現しました。機械化可能な作業を機械化し、経験豊富な担当者は高付加価値業務に集中する分業体制を導入し、作業量の明確化で材料管理の効率化も図りました。
これが生産性向上へと繋がり、日本では少ない海外拠点への展開の道を開きました。システムエンジニアの雇用と人材育成により進捗管理もスムーズも実現しています。
【出典】経済産業省『製造業DX取組事例集 株式会社アイデン「IWS」』
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2019FY/000312.pdf

デジタル人材の育成で企業風土を改善した事例

多岐にわたる事業を展開する株式会社IHIでは、IoTを含む各SBUで進められてきた個別のデジタル化施策を統合し、データの横断的活用を模索する過程で高度情報マネジメント統括本部を設置。
同社は中途採用によるデジタル人材の確保ではなく、既存社員のデジタルスキル育成に重点を置く方針を採用。社内で製品や技術に精通する人材にデータ管理を教育し、社外専門家とのコミュニケーションが可能なレベルに至ることを目標としDXを推進しました。このアプローチにより、組織内のデジタル化を推進し、全社的なDXを成功へと導いています。

【出典】経済産業省『製造業DX取組事例集 株式会社IHI「社内人材のデジタル人材としての育成」』
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2019FY/000312.pdf

4. DXを推進し効率化・ビジネスモデルの変革・競争力の強化につなげる

製造業DXの鍵は、デジタル技術の導入による業務改善と、それを支える人材の確保にあります。今野製作所は業務プロセスの可視化と効率化に成功。アイデンは配線作業の機械化により生産性を高め、海外展開を実現。IHIは社内の既存人材育成を通じて、デジタル化を促進しました。これらの事例から、各段階に応じたIT化の進展と人材育成が、製造業におけるDX推進の成功に直結していることがわかります。
ヒト・モノ双方にバランス良く投資し、DXの推進を目指しましょう。

               著者画像
篠田 光貴(しのだ みつたか) ブランディング戦略室

2007年3月入社。
入社以来、東海地区を中心に生産管理システム「TECHSシリーズ」の営業に従事。その後ブランディング戦略室にて、広報・企画・マーケティングを担当。
IT利活用での効率化はもとより、お客様の企業変革を行う仕組みや企業ブランディング、マーケティングのご提案をいたします。