製造業が見積りを作成する際に直面している課題は?業務の改善方法

著者:ものづくりコラム運営 製造業が見積りを作成する際に直面している課題は?業務の改善方法

製造業において見積書の作成は、顧客や取引先に明確な取引内容を提示するものです。具体的な数字の根拠を示すことで受注や発注をしやすくなるため、正確な見積りの作成が大変重要になります。しかし、多くの製造業が見積りの精度や効率、情報共有に課題を抱えているのではないでしょうか。

本記事では、製造業の見積りにおける課題や見積りを効率化する方法について、解説します。

あわせて、おすすめのシステム・サービスを2つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.製造業における見積りの重要性

見積りとは、製品やサービスの提供にかかる製造原価や利益を確認し、顧客や取引先に提示するプロセスです。具体的な数字の根拠を示すことで、製造会社は受注しやすくなり、顧客も発注しやすくなります。見積書を提出した後に内容を変更することは難しいため、メーカーやモノづくりの企業は正確な見積りの算出が重要です

2.製造業で見積りを作成する際によくある課題

製造業の見積り作成時に課題になりやすいポイントについて解説します。

見積りの精度・効率が低い

見積りの精度・効率が悪くなる点が課題です。特に、個別受注生産の企業では原価精度が低くなる傾向にあります。顧客ごとに要件や仕様が異なると、見積りが複雑になるためです。見積りの作成に時間がかかったり、適切な納期や単価の設定ができなかったりする恐れがあります。

見積りがデータ管理されていない

見積りをEXCELで作成しており、システムで一元管理されていない企業では、過去に請け負ったデータがすぐに参照できないという課題があります。類似案件や過去の事例が見つからないため、見積り作成に時間がかかるのです。
これは、見積り時の積算方法などの共有も同様です。

特に過去実績から作成する類推見積法では、過去の見積りデータの蓄積が欠かせません。

見積りの情報が共有されていない

見積りの情報が共有されていないことも、製造業でよくある課題といえます。会社の営業担当や管理者の個人パソコンなど、担当者ごとにデータを管理しているケースがあるためです。共有されないままだと、担当者が変わるたびにデータの場所がわからないという問題が発生します。

見積りの作成業務が属人化しやすくなる点も課題です。見積りの作成プロセスが標準化されていないため、社長や工場長などのごく限られた経験者しか見積りができないという事態に陥ります。中小製造業だけでなく、大企業でも属人化の問題は起こりやすいため注意が必要です。

3.製造業の見積り業務を効率化する方法

製造業の見積り業務を効率化するには、次のような方法が考えられます。

過去の見積りをデータ化する

過去の見積りのデータ化によって、新規の見積りに流用したり、参考にしたりできるようになります。ただし、同じ図面であれば過去データをそのまま流用できるものの、類似品の場合は参照にとどめる場合もあります。顧客の求める品質やコストなどは、それぞれの案件によって異なるためです。

過去の見積りをデータ化することによって、見積精度の向上や見積り作成を効率化できます。管理や共有の面から見ても、見積書をダウンロードしたり、クラウドにアップできたりすることで効率的になるでしょう。

正確なデータ管理を行う

見積工程の効率化には、データを常に最新のものに更新するなど正確なデータ管理が必要です。原材料費や在庫状況などの最新のデータを常に管理しておくことで、顧客との価格交渉も効率化が可能になります。原材料費や労務費の高騰によるコストアップなどの経営課題について、顧客にも具体的な数値を用いて示しやすくなるからです。

見積りの決裁を電子化する

見積りの決裁を電子化すると、オンラインで完結できるようになります。オンラインなら、担当者が離れた場所にいても決裁が可能です。見積りの提出も郵便やFAXを使う必要がなく、オンラインで簡単に実現できます。FAXで見積書を送付する文化のない海外の企業であっても、取引の手間を省けるでしょう。

見積管理システムを導入する

見積管理システムの導入により、見積りの業務効率化だけでなく、見積り業務の標準化や自動化も実現します。過去の加工実績や積算方法をソフトウェアによって共有することで、原価計算や労務費などの根拠のある見積り作成が可能です。

また、企業のDXを目指して正確にデータを管理するには見積管理システムのソフトウェア導入は欠かせません。定期的な業務改善においても客観的な事実としてデータを活用できるため、PDCAを回す際にも役立ちます。

4.製造業の見積管理システムの選び方

次に、一般的な見積り管理システムの選び方について解説します。

見積管理システムの選び方

見積り管理システムは、自社の業務に対応した管理システムや支援システムを選びましょう。自社の見積作成フローに対応しているかの確認も必要です。

また、他部署との連携が可能なシステムを選びましょう。関係部署とシステム内で連携できれば、見積作成を効率化できるからです。

見積管理システムの導入により、顧客に応じた見積を迅速に出せるようになります。

見積業務の効率化におすすめのシステム

製造業の見積りを効率化するにはテクノアの「AI類似図面検索」「TECHS-S NOA」の導入がおすすめです。

・「AI類似図面検索」
「AI類似図面検索」では、受領した図面と類似した過去の図面データをAIが検索します。見積りの作成時に過去の見積実績を参照できるため、過去のコストや工数などを瞬時に把握できるのです。また、過去に設計した図面データを探すといった作業工程にかかる時間を短縮できます。

紙の図面をスキャンした画像ファイルやPDFといった2Dデータにも対応している点も特長です。工場に蓄積した過去のデータの取り込みや、既にストレージに保管しているデータもまとめて保管できます。

顧客先で急な提案をされた際も瞬時に過去実績として取り出せるでしょう。過去の似ている図面を参考にできるため、設計スピードが向上し重複作成の排除もできます。

 

・「TECHS-S NOA(テックス・エス ノア)」
TECHSシリーズは、テクノアが提供するクラウド型にも対応した生産管理システムです。「見積オプション」を搭載しており、見積書作成や引合の管理が行えます。

製品の特徴は、個別受注型製造業向けに特化したクラウド対応の生産管理システムであることです。サブスクリプションにより導入コストを抑えたシステム利用ができます。

導入によって、CADやExcelから部品表データを入力することで転記作業の事務工数を削減する点が魅力です。仕掛中の製造原価と、完成時予測原価をリアルタイムに把握できるようになります。

 

5.製造業の見積りの課題はツールを用いて解決しよう

製造業の見積り作成の課題は、「精度や効率が低い」「一元管理されていない」などがあります。属人化しやすく共有されない点も課題といえるでしょう。見積り業務の課題を解決するためには、過去の見積りのデータ化や電子化、見積システムの導入がポイントです。

本記事では、製造業の見積りを効率的にサポートするツールとして、過去の図面を検索できる「AI類似図面検索」とクラウド対応の個別受注型製造業向けに特化した生産管理システム「TECHS-S NOA(テックス・エス ノア)」の2つをご紹介しました。製造業の見積りには、これらのシステムを活用して、見積り業務の効率化を実現させてください。

この記事をシェアする

TECHS-S NOA

記事カテゴリー

よく読まれている記事

           

お役立ち資料ランキング

記事カテゴリーCategory

全ての記事一覧