コラム

第5回 「ロボットは友達」2019.04.09

  登場人物  

O君

テクノアの開発者。

M課長からよく頼まれごとをされる。
弟子№4。

M課長

優秀な先輩上司。

困ったときはO君によく頼みごとをする。

 

キョウハ、ロボットノヒ、デス
少しお茶目が過ぎたことは謝罪申し上げます。

わかればいいのよ。

真面目にやってほしいものだわ。

そうでもないですよ。

今日はロボットのお話しをしようと思ったんです。

あら、今度はどんなオタ…
いや、趣味のお話しかしら?

オタクって言おうとしましたね!わかりますよ!

 

…○○ゲリオンとか、○ンダムとか、そーゆーのじゃないですから!
ってかあれもロボットじゃないですからね!

ファンは怒りますよ!

 

今日は工場で役立つロボットのお話し、です。

工場のロボット、ね。

見たことはあるけど、あまりなじみが無いわね。


勉強になったら、またお菓子あげるわ。

お、お菓子でつられるわけではないですからね……

 

さて、気を取り直して、今日は「ロボットの話」です。

日本ロボット工業会のホームページに、面白いページがあるので紹介しますね。

 

Googleなどで「ロボット活用ナビ」を検索し、

「ロボット活用事例をさがす」をひらいてみてください。

検索画面がでてきたわ。
ここで例えば「東海地方」で「加工」工程の事例を検索すると……

結構事例があるのね…なるほど。

Before Afterの写真付きね。

なかなか充実してるじゃない。

 

でもロボットって聞くと、とっても大掛かりなイメージがあるわね。

なかなか敷居の高いお話しなんじゃないかしら?

一昔前はそうだったかもしれませんが、最近はかなり導入しやすくなってきているみたいですよ。

 

協働ロボット」とか「協調型ロボット」って言葉も出てきてますからね。

生産ラインにがっちり組み込まれて、安全柵に囲まれたようなロボットでなく、柵無しで、人との共同作業ができたり、小型化・軽量化が進んで簡単に設置したり、移動ができたり…

そうなのね。

その「協働ロボット」ってのも見てみたいわね。

ふふふ、ノッてきましたね。

さっきのホームページにはこんな動画も載ってます。

 https://www.youtube.com/watch?v=_dNdf4bC1tQ

へぇー「ダイレクトティーチング」ね!

やってみたいわね。
仕事をしながら、お口にお菓子を運んでくれそうね。

………

冗談よ。

 

ほんとに安全柵無しで動いてるわね…。

しかも工場の中じゃなくて、普通の作業場みたいなところに設置されてるのね。
危なくないのかしら?

そうなんです。

私も展示会で一度体験したことがありますが、あたっても、「トン」くらいのもので、すぐに停止してましたね。

もちろんロボットの動作速度次第ですが。

 

普通の作業場で人と同じように働いてるの、何かすごくないですか??

そうね…

ロボットってもっと大掛かりなものだと思ってたけど、とても身近に感じたわ。

約束ね、お菓子あげるわ。

 

ところで前回はIoT、今回はロボット…

普段は生産管理システムの開発者、よね?
なんだか取り留めのない……

製造業の未来を考えてるんですよ!!

これがデザイン思考ってやつです!!(←よくわかってない)

 

これからは方法論にこだわらず、課題に対して最も相応しい解決策を探していく時代なんですよ!

あら、熱くなっているわね。

さすが、私の教えが伝わってきたのかしら。

育てた甲斐があったってものね。

 

今度お土産買ってきてあげるわ。

あ、ありがとうございます。。。

 

ロボットの導入を検討する企業の現場課題を分析し、最適なロボットシステムを構築するために、様々な機械装置や部品などから必要なものを選別し、システムとして統合する人達を「ロボットインテグレータ」っていうんですよ。

中小製造業様に役立つソリューションって、ほんとにいろんな形がありますよね。

 

お詳しい方には物足りなかったかもしれませんが、ロボットを身近に感じていただけたら幸いです。

 

それではまた次の機会に!!