コラム

「状況の変化に対応する」 吉岡 剛嗣2018.02.13

私は、身体の体温が高く、みなさんが震えるような真冬でも、
インナーは真夏と全く同じものを着用して、過ごしていました。

 

しかし、加齢のためでしょうか。

そのような服装を続けたところ、正月明けに長期間体調を崩してしまいました。

そこで、ついに私は冬用のインナーを着用することにいたしました。

 

このように自らは変化していないつもりでも、状況が変わっていくことで、

自らが変化していかなければならない状況になってしまうことは、

みなさまも経験されたことがあるかもしれません。

現在、日本のものづくりにおいては、
新興国の台頭、納期の短納期化、受注単価の下落、仕様の複雑化、
そして、人手不足。

いくつもの問題を抱えております。

私たちの製造販売する「TECHS」が、
その問題解決のひとつとしてご利用いただけるよう、
日々、精進してまいります。
今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

TECHS事業部 西日本営業課長 吉岡 剛嗣