コラム

第9回「フレームワークで考える中小企業経営のポイント」 古川 祐介2017.12.05

11月2日、東京で
「フレームワークで考える中小企業経営のポイント」
というタイトルのセミナーを開催させていただきました。
 
セミナーの様子はこちらからどうぞ
 
そのセミナーでは、いくつかのポイントをお話させていただいたのですが、
今号から、その内容を少しずつお伝えしていきます。

そもそもフレームワークとは

例えば、「売上」ということについてお話ししましょう。
 
『「売上」を伸ばしたい。』
 
この「売上」を分解すると、
「売上」=「客数」×「客単価」になります。
 
さらに分解すると、
「客数」=「新規客」+「リピート客」
「客単価」=「買上個数」×「買上単価」となります。
 
このように、各要素別に分解すると、自社の売上構成を見たときに、
・どの項目に問題や課題があるか?
・どの項目に機会や伸びしろがあるか?
ということが分かりやすくなります。
 
つまり、フレームワークとは、
漏れや重複のない、網羅性のある分析手法」のことです。
もっと身近な表現に置き換えると、
予めチェックするポイントを拾い上げたチェックリスト」であり、
経営という大きなテーマを考える中でも、
要素別に細分化することで、ひとつひとつを分かり易くし、
改善活動を実務に落とし込めるようにするものです。
 
これらの現状把握を正確に速く分析するツールとして、
ITシステムはとても有効である、と言えます。
 
その他のフレームワークの解説は、次号へ続きます。

SWOT分析について

既にご存知の方も多いと思いますが、
S:強み
W:弱み
O:機会
T:脅威
 ですね。
 
特に「S:強み」部分については、是非とも社員のみなさんと、
話し合う機会を設けてみてはいかがでしょうか?
その場合には、「ブレインストーミング」という方法を用いると、
意見が出やすくなります。
 
また、ただ単に「S:強み」を羅列するのではなく、
製造業様であれば、
・営業面
・設計面
・生産面
・品質面
・納期面
・コスト面
・安全面
・環境面 など、
ここでも要素別に「漏れなく」「ダブりなく」意見を出していきましょう。
 
そして、これらの「S:強み」を、
既存市場(既存製品・既存顧客)や新市場(新製品・新規顧客)の
ニーズにどう対応できるか、考えてみましょう。
 
「S:強み」「O:機会」に投入する。
これは企業経営の最良の戦略です。
 
貴社の戦略策定にお役立ていただければ幸いです。

氏名:古川 祐介(ふるかわ ゆうすけ)

所属:(株)テクノア TECHS事業部 中部営業部

 

TECHSを導入検討いただく企業様に訪問し、 ヒアリング~課題抽出~課題解決提案を行う部門で、 東海北陸地区の営業責任者を務めさせていただいております。

TECHS営業課は、生産管理に課題を持つ多くの製造業様にお伺いします。 そこで見たり、聞いたり、感じた実際の事例と、 中小企業診断士の取得で得た知識を重ね合わせて、 改善ノウハウを、理論的に分かり易く、お伝えしてまいります。

(株)テクノア 古川