コラム

「SDGsへの取り組み」 西野 耕司2020.03.03

こんにちは。
株式会社テクノア TECHS事業部 関西営業課の西野です。

私は、毎日通勤で阪急電鉄を利用しております。

最近は、「鉄腕アトム」や「ベルサイユのばら」などのラッピング列車もあり、
通勤時の楽しみの一つになっています。
 
そんなラッピング列車のひとつに、
SDGs(※1)トレイン 未来のゆめ・まち号」というものがあります。

 

外観だけでなく、車内のポスターやステッカー類なども、

SDGsの目標である、17分野のイメージに統一されており、

列車全体が、SDGsの啓発メッセージを発信しています。
 

※1
SDGs(エスディージーズ)とは?
 「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

2015年9月の国連サミットで採択された国際目標で、2030年までに、
17分野の目標を達成することで、持続可能な、よりよい世界を目指します。

 

SDGs

日本でも、阪急電鉄のように、SDGsに取り組む企業が増えてきました。

 

SDGsに取り組むメリットの一部をご紹介します。
・SDGsに取り組む企業とのビジネスチャンスがある。
・企業イメージの向上や新たな事業機会の創出などにつながる。
・人材確保への効果が期待できる。


もし、SDGsの目標の17分野の中で、貴社がすでに取り組まれているものがあれば、

それを磨き上げていく事から始めるのもよいと思います。
また、SWOT分析などを用いて、自社の強み・弱み、現状を分析して
今後の経営方針や経営戦略を練り、それがSDGsとどう繋がるかを考える事も
よいのではないかと考えます。

 

SDGsは、目標の達成についての具体的な指標は示されておらず、
自由度が高い活動だといわれております。

また、中小企業においては、まだ認知度が低いともいわれています。
今がまさに、取り組みをはじめるチャンスなのかもしれません。

 

TECHS事業部 関西営業部 西野 耕司