お客様プロフィール

商 号 株式会社山田製作所
所在地 大阪府大東市新田中町2-41
電話番号 0728710095
設 立 1969年7月
資本金 1,000万円
事業内容 製缶・板金、産業用機械設計製造
この事例で 導入された製品
製品紹介ページへ
TECHS-BK

『TECHS-BK』で月次決算書の リアルタイム社内開示を実現

世界も注目する「3S工場見学」
 1959年に創業されて以来、板金加工、プレス加工及び製缶加工から溶接、組付け調整まで、一貫生産をされている山田製作所様。量産の価格競争の土俵には上がらず、「図面の向こうに見える最終ユーザーの満足を追求する」という品質方針のもと、長年にわたって培われた職人による高い技術力を強みに製作を行われています。
 1999年度からは、更なる飛躍を目指し、徹底した3S活動を開始。その取り組みの現場を、「3S工場見学」として国内外の多くの企業に公開されてきました。「3S工場見学」には、通算56ヶ国から様々な業種の企業が訪れ、今もその数は年間200社に上ります。今回お話を伺った代表取締役 社長 山田 茂 様は、「3S活動を公開するのは、社員の士気向上になりますし、良い情報はどんどん全世界に発信していきたいからです。」とお話しくださいました。
社員へ月次決算書をリアルタイムに開示したい
 システム導入前から、社員と一緒に経営計画書を作成し、社員個人の給与以外、月次決算書なども全てオープンにされていた山田製作所様。
 「会社が儲かっているかどうかを共有するためではなく、社員との信頼関係を築くこと、会社の経営を数値として正しく把握してもらうことが、情報公開の目的です。しかしながら、『TECHS-BK』導入前は、原価管理表の作成に10日ほどかかり、リアルタイムな提示ができていませんでした。」
 そんな中、『TECHS-BK』のデモをご覧になり、「個別受注生産向けのこのソフトは、当社に合う」と直感的に思われたそうです。
 「『TECHS-BK』では、データの一元管理と、経営数値のリアルタイムな情報共有が実現できるなと感じました。また、取引先から送られてくる発注書や納品書が『TECHS-BK』のものであることが多く、他社でも『TECHS-BK』を使用していることが後押しにもなり、導入を決めました。」
外注費を年間5%削減
 山田製作所様では『TECHS-BK』導入後、外注費を年間で5%削減できました。  
 「システム導入前は、注文は手書きや口頭で行っており、納品書は月末締め後に入ってくることが多い状態でした。
 『TECHS-BK』導入後は、伝票設計オプションで作成した、価格回答欄を設けた注文書を出し、協力会社から納品前に返答をもらうようにしています。それらをデータベース化することで、次回以降、協力会社を見直したり、早い段階で外作から内作への切り替えが行えるようになり、外注費の削減に繋げることができました。
 本来、価格回答後の発注があるべき姿ですので、今後はより徹底していきます。当社が成長できたのも、当社自身がお客様からの見積依頼に対し、大変ながらも真摯に積算対応をしてきた結果です。協力会社にも、一緒に成長していきましょう、という気持ちでお願いし続けています。」
事務工数の削減効果は年間300時間以上
 「以前は、見積の積算のたびに、過去の納品書をすべて探して、仕入単価を確認していたのですが、伝票を探しきれず、金額があいまいなまま積算するようなこともありました。
 『TECHS-BK』導入後は、目の前のパソコンから、誰もが素早く正確な情報を確認できるようになりました。結果として、見積精度の向上と、年間300時間以上の見積工数の削減に繋がりました。
 他にも、必要な会議資料がワンクリックで『EUC Tool』からExcelに出力できるようになったことも、事務処理工数の削減に貢献しています。こういった、『EUC Tool』の帳票作成や運用についての相談、その他の細かい問合せにも、テクノアのインストラクターが真摯に対応・フォローしてくれるため、大変助かりました。」
工数管理の精度UPで有意義な生産後会議を実施
 「当社では、生産前会議で予算と図面の注意事項の確認を行い、生産後会議で作業実績データを元に反省を行います。そこで、リアルタイムに正確な作業実績を取るために、手書きしていた日報をタッチパネルでの入力に変更し、翌日朝に入力漏れや間違いをチェックするようにしました。その結果、作業実績の管理精度が格段に高まり、有意義な生産後会議が行えるようになりました。
 生産後会議は、PDCAのCheck (評価)にあたり、それが次のAction(改善・対策)につながります。『TECHS-BK』は作業実績がすぐに確認できるので、工順の見直しや反省点などを、次の案件に繋げられるようになりました。」
データの「見える化」による社員の意識改革
 「データの見える化により、社員の意識も劇的に変化しました。目標や実績がすぐに把握できるようになった結果、全社員が常に目標を意識して動くようになり、工程の見直しなどの対策も即座に打てるようになりました。
 製造業では、売上を稼ぐのは営業ですが、限界利益を稼ぐのは工場の作業者です。不良が出なければ材料費は増えませんし、社内の生産性が上がれば内製比率を高められます。また、軍手を1枚節約すれば、その分消耗品費も減ります。限界利益を稼ぐのは自分たちである、と作業者に意識付けるには、生の数字をリアルタイムに提示していくのが一番効果的です。それを実現できるのが『TECHS-BK』です。」
『TECHS-BK』活用の今後の展開
 最後に、『TECHS-BK』活用の今後の展開について伺いました。
 「現在は、大まかな工程での管理ですが、今後はより詳細な工程別の原価分析を行っていきます。そして、予算と実績の管理精度をさらに向上させていきます。」と力強く語ってくださいました。

詳細情報