設備・機械停止時の状況確認

導入イメージ

導入前の課題

  • 設備・機械停止時に状況確認のため現場まで行く必要がある。
  • 夜間運転中に設備・機械が停止すると計画に大きな遅れが出てしまう。

改善効果

  • 稼働監視・実績収集
  • 設備・機械停止時にどこに居ても現場の状況が確認可能になり、復旧の迅速化に貢献。
  • 夜間運転中に設備・機械が停止した場合の通達が可能。生産性向上に貢献。

このページの内容はIoTアイデアブックVol.2に掲載されています。

           一覧へ戻る