在席状況確認(A-Eyeカメラ)

導入イメージ

導入前の課題

  • 相談相手が席にいるかどうかわからない。内線でいちいち確認するのも煩わしい。
  • 席に行ったが不在のため、出直しが発生する。

改善効果

  • 着座状況が即時に確認できるため、無駄な移動時間を削減。

このページの内容はIoTアイデアブックVol.2に掲載されています。

           一覧へ戻る