索引

用語集

ラフィングエンドミル らふぃんぐえんどみる Roughing endmill

切削加工に使う切削工具のフライスの一種であるエンドミルの中で、先端の形状が平らな点は、
フラットエンドミルと同じですが、側面の切れ刃に凹凸があり、大きく切り込めるため、
仕上げ加工だけではなく粗とり用としても用いられます。

リードタイム りーどたいむ Lead Time

業務の開始から終了するまでの所要時間の事を指します。
対象とする業務により様々なリードタイムに分けられます。

・製造リードタイム   :オーダーが発行されてから製品が完成するまでの時間です。
             待ち時間、段取り時間、加工時間、移動時間により構成されます。
・購買リードタイム   :購買品を発注して納品されるまでの時間です。
・販売リードタイム   :注文を受けて商品を納入するまでの時間です。
・ペーパーリードタイム :販売計画が立てられてから、実際の製造や発注が始まるまでの
             時間です。

リーン生産方式 りーんせいさんほうしき Lean Manufacturing/Lean Product System(LPS)

トヨタ生産方式を基にマサチューセッツ工科大学(MIT)が研究を行い、再体系化・一般化
したもので、生産管理手法の一種です。
リーンとは「贅肉がとれた」という意味で、生産に関わる無駄なコストを贅肉に見立てて
います。
無駄を排除することで、贅肉が取れたスリムな状態で生産を行う事を目的としています。

レーザー加工 れーざーかこう laser beam machine

レーザー光を一点に集めて得られるエネルギーで、材料に熱を加えて溶かしたり気化させたり
して加工する技術の事です。
虫眼鏡を使うと黒い紙を焦がす程に太陽光のエネルギーを一点に集める事が出来ますが、これと
同様の原理を用いています。
切断、穴あけ、溶接、表面処理などの加工に使われます。
レーザー加工を行う機械をレーザー加工機と呼びます。

ロット ろっと Lot

仕入れ、製造などで扱う製品や材料のまとまり単位の事です。
目的により発注ロット、購買ロット、納入ロット、出荷ロットなどがあります。
ロットに対してユニークな番号を付けて、品質管理のためのトレースに使用する場合
もあります。

ローター ろーたー rotor

モーターを構成する部分のうち、回転する部分の事です。
逆に回転せずに静止している側をステーターと呼びます。