お知らせ

1.小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金は、働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等に対応するための、販路開拓などにかかる経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者の生産性向上と持続的発展を図ることが目的です。

計画の作成や販路開拓等の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

 

・小規模事業者持続化補助金

 https://r1.jizokukahojokin.info/

 ※内容は変更になる可能性があります。最新情報・詳細などは、ホームページでご確認ください。

 

<一般型>

・持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組に要する経費の一部が補助されます。

 

<事業再開枠>

・<一般型>にあわせて、事業者が事業再開に向け、業種別ガイドライン等に照らして事業を継続する上で、必要最小限の感染防止対策を行う取組について補助されます。

・加えて、クラスター対策が特に必要と考えられる施設で事業を実施する事業者(特例事業者)の皆様は、さらに上限が50万円上乗せされます。

 

2.ご利用のポイント

・補助上限額:最大100万円(事業再開枠)
おすすめシステムはこちら

 

3.スケジュール

第4回
締切日 2021年2月5日(金)
採択結果公表日 2021年4月頃予定

 

 

4.補助対象者

商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる小規模事業者、および一定の要件を満たした特定非営利活動法人

・製造業の場合:常時使用する従業員の数が20人以下

 

5.補助金概要

  要件
補助金額

補助上限額:(特例事業者)100万円、(特例事業者除く)50万円


・75万円以上の補助対象となる事業費に対し、50万円を補助します。
・75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。

補助率 2/3以内
補助対象経費

機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、委託費、外注費


※次の(1)~(3)の条件をすべて満たすものが補助対象経費となります。
(1)使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
(2)交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費
(3)証拠資料等によって支払金額が確認できる経費 

システム導入、補助金申請のご相談などは、下記からお気軽にお問い合わせください。

補助金お問合せ