お知らせ

1.ものづくり補助金とは(一般型)

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)は、
働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等に対応するための、
革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善のための設備投資等を支援するものです。

PAGE TOP

 

 

 

2.ご利用のポイント

・補助上限額:最大1,000万円

おすすめシステムはこちら

 

システム導入、補助金申請のご相談などは、下記からお気軽にお問い合わせください。

補助金お問合せ

 

・ものづくり補助金

 http://portal.monodukuri-hojo.jp/

 ※内容は変更になる可能性があります。
  最新情報・詳細などは、ホームページでご確認ください。

PAGE TOP

3.概要

3-1.スケジュール(一般型)

ものづくり補助金スケジュール

PAGE TOP

 

3-2.補助対象者(一般型)

・中小製造業の場合:資本金:3億円以下、または従業員:300人以下

PAGE TOP

 

 

3-3.補助金概要(一般型)
  要件
 概要 中小企業者等が行う「革新的な製品・サービス開発」または「生産プロセス・ サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援
 補助金額

100万~1,000万円

+50万円(特別枠の場合に限り、事業再開枠の上乗せが可能)

 補助率

通常枠

中小企業者:1/2、小規模企業・事業者:2/3

特別枠 A類型:2/3、B・C類型:3/4
事業再開枠 定額(10/10、上限50万円)
 設備投資 単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要
 補助対象
 経費

通常枠

機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費

特別枠

上記に加えて、広告宣伝費・販売促進費

事業再開枠

業種別ガイドラインに基づく感染防止対策費

 

※特別枠について

 補助対象経費(事業再開枠の経費を除く)の6分の1以上が、
 以下のいずれかの要件に合致する投資であること。
 ※B類型、またはC類型の投資が補助対象経費(事業再開枠の経費を除く)の
  6分の1以上である場合は、補助率が4分の3へ引き上げ

 A類型 

サプライチェーンの毀損への対応

顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと

例:部品が調達困難になったため部品を内製化、出荷先の営業停止に伴って新規顧客を開拓等

 B類型 

非対面型ビジネスモデルへの転換

非対面・遠隔でサービスを提供するビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと

例:自動精算機・キャッシュレス端末の導入、店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供等

 C類型 

テレワーク環境の整備

従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること

例:WEB会議システム等を含む、シンクライアントシステムの導入等

PAGE TOP

 

 

3-4.申請の流れ

ものづくり補助金 申請の流れ

※1:申請には、下記書類が必要です。
  ・事業計画書、賃金引上げ計画の表明書、決算書

※2:以降の申請・手続き等は、原則電子申請システム(jGrants)で行います。

PAGE TOP

4.おすすめシステム

テクノアでは、生産性・業務効率向上と、働き方改革のためのITツールを多数ご用意。
貴社の業務改善をサポートいたします!

 


 

導入実績3,700社超!確実にコストダウンできる生産管理システム

生産管理システム『TECHSシリーズ』

 

生産管理システムTECHSシリーズ

 

個別受注型
機械・装置業様向け
生産管理システム
『TECHS-S』

TECHS-S(テックス・エス)は、個別受注型の機械・装置業様向けに開発された、中小中堅企業のための生産管理システムです。

 

・個別受注型製造業に特化したシステムです。

・部品マスタの事前登録なしで運用が出来ます。

・CADやExcelからの部品表データを取り込むことが出来ます。

・在庫品のトレース管理が出来ます。

・バーコードを用いて、仕入れや作業実績の入力が簡単に出来ます。

・EUC Tool(オプション)の利用によりデータの有効活用が出来ます。

・仕掛中の原価と完成時予測原価がリアルタイムに把握出来ます。

・サプライチェーンの毀損への対応

多品種少量型
部品加工業様向け
生産管理システム
『TECHS-BK』

TECHS-BK(テックス・ビーケー)は、多品種少量型の部品加工業様向けに開発された、中小企業のための生産管理システムです。

 

・受注から生産、売上まで一元的に管理できます。

・「品番マスタ登録なし」で運用できます。

・バーコードハンディターミナルにより、リアルタイムに進捗状況を把握できます。

・得意先からの受注データを取り込むことができます。

・図面参照機能により、過去図面もすばやく引き出せます。

・先行製番にも対応しています。

・サプライチェーンの毀損への対応

 


 

特急品や急な予定変更が多い、Excelでの日程管理が大変、そんな方に!

生産スケジューラ『Seiryu』

 

生産スケジューラ Seiryu

 

多品種少量生産
中小企業様向け
生産スケジューラ
『Seiryu』

Seiryu(セイリュウ)は、多品種少量生産の中小企業様向けの生産スケジューラです。

 

・機械、工程、納期を考慮し生産計画を立案します。

・自動スケジューリング時の優先度を設定する事が可能です。※納期優先、段取り優先、品番優先 等

・制約条件を設定することで、機械(設備)の自動割振り、前工程を加味した段取り時間の増減の自動調整が可能です。

・販売管理システム、生産管理システム等と連携し、マスタ登録等の手間を最小限に抑えて運用できます。(独立したシステムとして運用することも可能)

・日単位、時間単位、分単位とさまざまな管理レベルでスケジュール管理が可能です。

・工程固定機能により、特急品などを優先した計画立案が可能です。

・予定と実績の比較を行う事が可能です。

 


 

カメラの撮影画像をAIで自動解析。設備・機械の稼働状況の見える化と実績収集を実現!

AI画像認識を利用した工場の見える化システム 『A-Eyeカメラ』

 

AI画像認識を利用した工場の見える化システム A-Eyeカメラ

 

AIによる画像認識を
利用した
工場の見える化システム
『A-Eyeカメラ』

A-Eyeカメラ(エーアイカメラ)は、AIによる画像認識を利用した、工場の見える化システムです。

 

・ネットワークカメラで監視する対象の情報をAIに学習させます。

・機械のメーカー、機械の新旧に関わらず、目で見て判別できるものを監視対象にすることができます。

・ネットワークカメラで対象物を写すだけでよいので、設置取付に専門知識を必要としません。

・クラウドシステムなので、いつでもどこからでも機械の稼働状況を見ることができます。

・多様な分析グラフを標準搭載しているので、様々な角度から分析できます。

・緊急時のメール通知機能を搭載しているので、無人運転時の問題発生に素早く気付くことができます。

・テレワーク環境の整備

・クラウドソフト

 


 

働き方改革、テレワーク…、社内での情報共有にお困りの方に!

中小製造業特化型 コミュニケーションツール(グループウェア)『Lista』

 

中小製造業特化型 コミュニケーションツール Lista

 

中小製造業特化型
コミュニケーションツール
(グループウェア)
『Lista』

Lista(リスタ)は、中小製造業特化型コミュニケーションツール(グループウェア)として、中小製造業様の情報共有をサポートします。

 

・掲示板、全社共通のスケジュール、納品予定、全社目標、社内改善活動の情報を共有します。
・社内チャットでの情報交換、申請・稟議の管理も行えます。
・製造業における、営業の顧客管理、見込み管理、引き合い管理、日報の管理も行えます。

・クラウドソフト

 


 

その他のITツール

RemoteView
Enterprise

RSUPPORT社のRemoteView(リモートビュー)は、インターネットに接続されたPCとモバイル端末、キオスク端末などをいつでもどこでも使うことができるようにする遠隔操作ツールです。

 

・遠隔地にある端末を操作する場合にも、目の前で使うのと同じように使用できます。

・スマートフォン、タブレットなどのモバイル端末でもPCを簡単に操作することができます。

・在宅勤務・テレワーク時にオフィスのデスクトップPCをどこからでも接続してファイルを開いたり、遠隔で業務用システムを使用することができるため、業務の継続性を維持できます。

・テレワーク環境の整備

・クラウドソフト

Microsoft 365
Business Standard

Microsoft社のMicrosoft 365(マイクロソフト365)は、Officeツールおよびグループウェア、コラボレーション&コミュニケーションツールを統合したクラウドサービスです。

 

・標準機能の充実度に加え、多種の他社製ツールを組み合わせて利用することで、業務改善のお役に立てます。

・最大250ユーザーのオンライン会議やビデオ通話をMicrosoft Teamsで実施できます。

・テレワーク環境の整備

・クラウドソフト

 PAGE TOP

5.お問い合わせ

システム導入についてのご相談、補助金の申請につきましては、

こちらから、お気軽にお問い合わせください。

補助金お問合せ