お知らせ

新たな取り組みを始めるチャンス!小規模事業者持続化補助金2018.03.19

ホームページの作成やIT活用を考えていても、
社員が数名しかいない、予算が限られている、といった理由で取り掛かれないという企業も
多いのではないでしょうか?

 

そのような小規模事業者向けに、
3月9日より「小規模事業者持続化補助金」の公募がスタートしています。

 

■小規模事業者持続化補助金とは?
 小規模事業者の事業を継続・発展させるために、商工会議所のサポートを受けながら経営計画書を作成し、
 その計画にそって行う事業に対して補助金を支給して支援する制度です。
 幅広い取り組みに活用することができ、ものづくり補助金などの大型補助金に比べて申請書の種類も少なく、
 比較的応募し易い補助金です

 

■補助金額
 補助対象経費の3分の2以内で、上限額は50万円
 ※ただし、
  ①従業員の賃金を引き上げる取り組み
  ②買物弱者対策に取り組む事業
  ③海外展開に取り組む事業      については上限額が100万円となります。

 

■申請期間
 受付開始:平成30年3月9日
 受付締切:平成30年5月18日(締切日当日消印有効)


■対象事業者は?
 商工会の管轄地域内で製造業その他の業種を主たる事業として営む小規模事業者

 

 小規模事業者とは 

卸売業・小売業 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

 

 

 

 

                                                                                  ※上記に該当しても、医師、歯科医師、一般社団法人やNPO法人などは含まれません。

 

 

■対象となる事業
 商工会議所とともに作成した経営企画をもとに行われる、販路開拓の取り組みや業務効率化の取り組みが
 補助金の対象となります。

 

 ①販路開拓の取り組み
  新たな販促用チラシの作成・送付、ネット販売をするためのホームページ作成 など

 ②業務効率化(生産性向上)の取り組み
  システムの導入、POSレジ購入 など

 


締切までは少し時間がありますが、商工会が作成・交付する書類の発行には
一定の日数がかかりますので、早めの準備が必要です。

 

Webマーケティングやシステムの導入について、
今まで予算の都合で取り組むことができなかった事業者様、
補助金制度を利用して新たな取り組みを始めてみてはいかがでしょうか?
 

 

各種補助金等を活用しTECHSを導入されたユーザー様もいらっしゃいます。
 導入事例にご興味のある方
▼まずは下記までお問合せください。
 https://form.k3r.jp/technoa/TECHSINFO

 

 

※本記事は中小企業庁のサイト情報および、
 弊社の調査をもとに作成していますが
 最新の情報等については、必ず関係省庁にご確認ください。