お知らせ

【50~60代経営者の5割弱が未着手】どうする?どうなる?事業継承2017.11.01

帝国データバンク・中小企業庁の調査によると、50~60代経営者の約5割弱が、
「これから準備」「まだ準備していない」と考えている事業継承。
(※中小企業庁発行[中小企業事業継承マニュアル]参照)
会社として継続できるにも関わらず、廃業してしまう会社もあるのが現実です。
事業継承への着手が遅れ、やむなく廃業とならないためにも、
親族への事業継承を検討中の企業様向けのセミナーをご紹介します。

 

 

■開催場所は?

全国47都道府県で開催中です。
近隣エリアの情報は、事業継承セミナー公式サイトでチェックできます。

※セミナーが終了している地域もあります。
必ず事前確認をしてください。

 


■どんなセミナーが開催されているの?

主に親族内での事業継承を予定している中小企業・小規模事業者の
経営者様・後継者様が対象です。
「事業継承を計画的に取り組むために何からはじめるか?」
を動画、事例を交えて紹介します。

 

 

■開催時期はいつまで?

現在開催中~12月13日まで開催しています。

 

 

■どこがやっているの?

独立行政法人 中小企業基盤整備機構が主催する、無料のセミナーです。


一般的に、事業継承は、後継者の育成を含めて5~10年を要すると考えられています。
経営者の平均引退年齢は70歳前後ではありますが
将来を見据えた動きに「早すぎる」ことはありません。
後継者とともに、会社の未来について検討してみてはいかがでしょうか。


詳細は事業継承セミナー公式サイトのURLをご参照ください。
https://29jss.smrj.go.jp/
 
 
なお、事業継承についてまとめた「中小企業事業継承マニュアル」が
中小企業庁からも発行されています。こちらもぜひご参照ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2017/170410shoukei.pdf

 

また、事業継承を機にTECHSを導入したユーザーもいらっしゃいます。
 導入事例にご興味のある方
▼まずは下記までお問合せください。
 https://form.k3r.jp/technoa/TECHSINFO


※本記事は中小企業庁のサイト情報および、
弊社の調査をもとに作成していますが
最新の情報等については、必ず関係省庁にご確認ください。