メールマガジンバックナンバー

メールマガジン 2015年11月2日号 ユーザー交流会のご案内2015.11.02

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      《TECHS ユーザー》 メールマガジン 2015年11月2日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■
 ※ 本メールは株式会社テクノアの生産管理システム「TECHSシリーズ」を
 導入いただいているお客様に配信しております。

《 INDEX 》
 ◆◇ 1. ユーザー交流会のご案内
 ◇◆ 2. ユーザー交流会開催報告
 ◆◇ 3. ユーザー様向けホームページ公開中
 ◇◆ 4. TECHSサポートセンターだより
 ◆◇ 大道 等(社長)の《あれこれ、ご紹介コーナー》
 ◇◆ 編 集 後 記

                    ▼テクノアHPはこちら
                 https://technoa.co.jp/


………………………………………………………………………………………………
◆1. ユーザー交流会のご案内
………………………………………………………………………………………………
TECHS-BK、TECHS-Sをお使いのユーザー様を対象に、交流会を開催いたします。

下記のようなご要望やお悩みをお持ちであれば、是非ともご参加ください。
・他のユーザー様がどのように使っているのか聞いてみたい!
・他社の事例を聞いて今以上に運用の幅を広げたい!
・新しいバージョンでは何ができるのか聞きたい!

交流会は、TECHSユーザー様のお話を中心に、次のような内容で開催致します。
・TECHSユーザー様の自社での運用・活用事例
・TECHSに集められた実績データを基にした分析結果
・最新バージョンのご紹介(最新バージョンならではの機能) など

同じTECHSをお使いのユーザー様と交流していただける、絶好の機会です。
ぜひご参加ください。


【TECHS-BK Ver1.X~2.X ユーザー様】
  日時    :2015年11月12日(木)、13日(金)
  場所  :テクノア 東京本部

【TECHS-S Ver3.X ユーザー様】
  日時    :2015年11月13日(金)
  場所  :テクノア 東京本部

詳細はテクノア営業担当までお問い合わせください。

 

………………………………………………………………………………………………
◆◆2. ユーザー交流会開催報告
………………………………………………………………………………………………
テクノアにて、ユーザー交流会を開催致しました。

【8月7日開催(東京本部)】
参加ユーザー様:2社5名様
対象製品 :TECHS-BK Ver2.X
交流会概要 :TECHS-BKの進捗管理と原価管理の機能ご紹介、
EUCToolの機能ご紹介、個別相談。
◎導入後3年になるユーザー様と、9月から本稼働のユーザー様にご来場
いただきました。導入後3年のユーザー様は進捗の見える化が形に
なってきたのでTECHSの更なる活用を、ということでVer.3の新機能の
説明をさせていただきました。9月から本稼働のユーザー様には、
稼働ユーザー様の詳細な事例を共有していただき、本稼働に向けて
意欲を高めて頂くことができました。


ご多用のところ、ユーザー交流会にご参加いただきました皆様に
御礼申し上げます。

 

………………………………………………………………………………………………
◆◆◆3.  ユーザー様向けホームページ公開中
………………………………………………………………………………………………
TECHSをご利用のお客様に一層充実したサービスを提供したいと考えております。
その一環としてお客様専用のホームページを公開しております。

<公開内容>
・よくある質問・・・サポートに寄せられたシリーズ製品別のQ&A集です。
・ダウンロード・・・EUCの設計ファイルをダウンロードできます。
                        (製品名とバージョンNo.を必ずご確認ください)
・バージョンアップ情報
・ユーザー事例
etc...

      ☆☆☆ Q&A、EUCの設計ファイルは随時更新中です ☆☆☆


<更新情報>      
7月、8月、9月にアップしたEUC設計情報をご案内します。
ユーザーホームページのMENU「2.ダウンロード」-「TECHS-BK EUC設計情報」
または「TECHS-S V6 EUC設計情報」をご覧ください。

○TECHS-BK
・標準工程マスタ一覧
・優先度マスタ一覧
・支給区分マスタ一覧
・発注分類マスタ一覧
・手配区分マスタ一覧・担当者別日報
・注文書_複数明細
・注文書_複数明細フォント大
・売上納品書_4明細
・売上納品書_5明細
・単価未決定理由マスタ
・加工区分マスタ一覧
・工程グループマスタ一覧
・材料区分マスタ一覧
・仕入一覧
・売上一覧

○TECHS-S
・完成一覧
・出荷一覧
・製品台帳
・送付案内状
・未完成一覧
・未出荷一覧
・売上一覧
・請求一覧
・請求書
・請求明細一覧
・受注一覧
・受注残一覧
・受注分類マスタ一覧
・就業体系構成マスタ一覧
・品番別仕入先別購入単価マスタ一覧


今後、更にコンテンツを充実させて参ります。ぜひご覧ください。


     ▼閲覧ご希望の方はIDとパスワードを御案内致しますので、
         こちらまでメールをお願い致します。
                       techs-info@technoa.co.jp

 

………………………………………………………………………………………………
◆◆◆◆4. TECHSサポートセンターだより
………………………………………………………………………………………………
いつもTECHSシリーズをご利用頂き、誠にありがとうございます。
TECHSサポートセンターの山口と申します。

暑かった夏が過ぎ、いつの間にか秋ですね。
私は、暑くも寒くもなくごはんが美味しい秋が、季節の中で1番好きです!

新入社員をはじめ、サポートセンターに新しいメンバーが配属になりました。
皆様には繋がりやすさ、丁寧な対応、問題解決の速さを心掛けていますので、
新しいメンバー共々これからもよろしくお願い致します!

TECHSのちょこっと裏技です。
TECHS-S Ver.6.1 から部品表入力等の項目にて
「Ctrl+ダブルクリック」をすると列固定を自由に変更する事が
出来るようになりました。
列固定を変更したい場合は是非お試しくださいね☆

----
○メンバー紹介
氏名:山口 由美子(やまぐち ゆみこ)
誕生日:11月21日
血液型:AB型
趣味:写真を撮る事!
特技:手の親指の関節を自在に外せる。
一言で表すと:よく風邪をひく。
----

 

………………………………………………………………………………………………
▼大道 等(社長)の・・・・・《あれこれ、ご紹介コーナー》

去る10月5日、第26回れんげ草くらぶ主催のメセナ活動が開催されました。
これは、岐阜県内の中小企業5社が資金を出し合って、毎年1回開催している
市民無料招待の文化イベントで、弊社もそのメンバーです。これまでの出し物
は様々(※)で、持ち回りの幹事会社が予算の範囲で決定することになってい
ます。今年は6代目桂文枝≪「新婚さんいらっしゃい!」の桂三枝≫の落語で
した。会場の岐阜市民会館には約900名のお客様をお迎えしました。

バブル華やかなりしころの遺物のようなメセナ活動ですが、岐阜ではお蔭様で
四半世紀続いています。「れんげ草くらぶ」の名前の由来は、今ではほとんど
見なくなりましたが、昔は春先になると田畑一面に紫やピンクの花が咲き誇っ
たレンゲ草です。小さな草花であるレンゲ草の1本を愛でる人はいませんが、
一面に群生するレンゲの花畑や田んぼに人々は目を奪われます。またレンゲは
田畑の土壌を改良する働きがあり、文化を意味するカルチャーの語源である
「土壌を耕すこと」に通じるところから命名しました。我々中小企業が集まっ
て地元県民の文化の育成に些かでも貢献できればと、無理をせず身の丈サイズ
で始めたことが、今日まで続いてきた理由のように思われます。

メセナと言えば大企業の「冠イベント」ばかりでしたが、今も続いているもの
は極めて少なくなりました。中小企業であっても志(こころざし)を同じくす
る仲間が結束することの重要さを実感しています。
企業経営の継続にも経営者と会社の幹部及び社員との強い結束が重要です。そ
の結束のもとで、利益体質の強化の実現(ソリューション)のために「TECHS」
が不可欠な道具(ツール)として活用されることを切に願っています。
今後ともご指導とご厚誼をよろしくお願い申し上げます。

※弊社HPをご参照ください。
https://technoa.co.jp/

レンゲソウを植えるのはなぜ?
 

 

━━◆◇ 編 集 後 記 ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

去る10月31日はハロウィンということで、
街やイベント会場は様々な仮装を楽しむ人たちで溢れ、大賑わいでしたね。

ハロウィンとは、キリスト教の諸聖人の日の前夜祭のことで、
もともとは秋の収穫を祝い、悪霊や魔物を追い出すお祭りで、
魔物に魂を取られないように、自ら魔物の格好をして身を守ったとされています。

しかしご存知の通り、日本のハロウィンにはそのような宗教的な意味合いはなく、
単に仮装をして楽しむイベントと化しています。
今や日本のハロウィン市場は1000億円以上とも言われ、
クリスマスやバレンタインデーに並ぶ規模なのだそうです。
しかしこれほど普及したのはここ数年のこと。
「昔はハロウィンなんてなかったのに」と思った方も多いのではないでしょうか?

その理由のひとつに挙げられるのがSNSです。
現在、SNSを利用して「楽しく充実した生活」を「見せる」ことが、
多くの人たちの間で習慣となっています。そういった人たちにとって、
仮装して楽しむハロウィンは外せないイベントでしょう。
また、もうひとつ挙げられるのが日本のコスプレ文化です。
昔よりコスプレに対する抵抗感がなくなり、
ひとつの文化として受け入れられてきています。
趣味としてコスプレを楽しむ人はそれ程多くないかもしれませんが、
ハロウィンのあの盛り上がりを目にすると、
みんな少なからずコスプレしてみたいという願望を持っているのかな、
と感じました。

以上のように、日本版ハロウィンは海外のそれとは全く違いますが、
クリスマスやバレンタインデー等と同様、
宗教なんて関係なく楽しければいい!という感覚で取り入れられるのも、
日本人の文化かもしれませんね。