メールマガジンバックナンバー

2012年6月8日 設計製造ソリューション展に出展します2012.06.08

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

      《TECHS 》 メールマガジン    2012年6月8日号

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■

 ※本メールは過去に株式会社テクノアの出展した展示会/セミナー等に

   ご参加いただいた方、名刺交換させていただいた方に配信しております。

  

《 INDEX 》

 ◆◇  1. TECHS-BKの最新バージョン(Ver.2.6)リリース!

 ◇◆  2. 設計製造ソリューション展に出展します。

 ◆◇  3. リモートデモンストレーション好評受付中!

 

                        ▼テクノアHPはこちら

                      https://technoa.co.jp/

 ………………………………………………………………………………………………

◆◆1. TECHS-BKの最新バージョン(Ver2.6)リリース!

………………………………………………………………………………………………

TECHS-BKがバージョンアップしました。

主な追加機能は以下の通りです。

 

1) POP仕入機能追加

■■ハンディーターミナルで仕入業務を行うことが出来るようになりました■■

 

2) 品番マスタ得意先別単価管理機能追加

■■同一品番で得意先別に単価を持つことが可能になりました■■

 

3) 現品票発行機能追加

■■A4  10面カットの標準紙(シール)に

                  現品票を印刷できるようになりました■■

  

 

  ………………………………………………………………………………………………

◆◆2. 設計製造ソリューション展に出展します。

………………………………………………………………………………………………

国内最大の製造業向けITソリューション展示会

「第23回設計・製造ソリューション展」に今年も出展いたします。

 

 新しくバージョンアップされたTECHSシリーズを

  是非、会場で観て触ってご体験頂けます様、宜しくお願いします。

 

           会期:    2012年6月20~22日

           主催:    リードエグジビションジャパン株式会社

           会場:    東京ビッグサイト

       小間番号:    11-1

 

   会期中は大変混雑が予想されます。

  ゆっくりと説明を聞きたいお客様は是非、事前登録をお勧めいたします。。

 

  ▼事前登録・展示会招待券(無料)に関しては

  techs-info@technoa.co.jpまでご連絡頂けます様、宜しくお願いします。

 ………………………………………………………………………………………………

◆◆◆3.  リモートデモンストレーション好評受付中!

………………………………………………………………………………………………

  ≪「TECHS」をもっと詳しく知りたい・・・・・≫

 ≪デモ(ソフト)を見てみたい・・・・・  ≫

     

 『・・・だけど、わざわざ営業に来てもらうのは気が重いナァ・・・・』

 

 といったお客様のための、

 

 ★≪リモート・デモ・サービス≫★が大好評です!!!!

 

 弊社のパソコンと貴社のパソコンをインターネットで繋いで、弊社の営業と

 貴方が【TECHSの 同一画面を見ながら】電話でご説明し質問に答えます。

 

                   *好評につき19:00まで時間延長中*

                          定時後、自宅でご利用もOK!

 

 お気軽に「TECHSのリモート・デモ」をご体験ください!

  

▼今すぐ、「リモートデモ希望」と書いて、

        techs-info@technoa.co.jp

      までお申し込みください。

  

   お待ちしています。

 ………………………………………………………………………………………………

▼大道 等(社長)の・・・・・《あれこれ「独り言」コーナー》

 

私の知り合いに「人件費はコストではない」と言う経営者(Y氏)がいます。

彼の口癖は「労務費は徹底的に低く抑えろ!、人件費は可能な限り

多く支払え!」です。

 

従業員にとって家庭生活の基盤である会社たるもの、

従業員を幸福にする義務が有る。

だから人件費(年収)は一円でも多く支払うべきである。

そのためにこそ、全社一丸となって「製造原価である労務費は徹底して抑えろ!」

とY氏は社員に強烈なハッパをかけています。

つまり知恵と工夫とムダ取りを徹底的に社員に浸透させることで、

生産単位あたりの労務費コストの削減を訴えます。

 

他方、超大手企業(特に電機関係)が業績不振を理由に、

従業員のリストラを規模を競うが如くに発表しています。

人件費削減による財務改善は企業の体力だけでなく社員の士気を減退させ、

負のスパイラルに陥いることになります。

「終身雇用」という「社員満足」主義の経営理念を放棄した大企業に

「顧客満足」が実現できるのでしょうか?

 

「社員満足」主義は、社員に甘く接遇することではなく

労使が一体となり同軸上でコスト削減や販売促進に精進し、

労使が戦果を共有し且つ公平に分配することで、

この混迷の時代を生き抜く術ではないかと思います。

 

━━◆◇ 編 集 後 記 ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年、その年の新入社員の特徴を表すキーワードが発表されているのを

ご存知ですか?

これは日本生産性本部がその年に入社する新入社員の特徴を

流行した語句を用いて表すというもので、

2012年の新入社員のタイプは

「奇跡の一本松型」

(厳しい就職戦線での頑張りを称え、これからの人生においても

「想定外」の事態に直面することもあろうが、

その困難を乗り越えていくことが大いに期待される)

なのだそうです。

 

他の年も見てみると、

2010年は「ETC型」

(急いで人間関係を築こうとすると、直前まで心の「バー」が開いてくれない

ので、スピードの出し過ぎには注意。IT活用には長けているが、

人との直接的な対話がなくなるのが心配である)

 

1993年は「もつ鍋型」

(一見、得たいも知れず厄介ではあるが、煮ても焼いても食べれそう)

 

・・など1973年から発表されています。

必ずしも当てはまっているとは言えませんが、その年の世相が現れていて

なかなか面白いです。自分が何型なのかちょっと気になりますよね。

興味のある方は検索してみてください☆