お客様プロフィール

商 号 エステック 株式会社
所在地 東京都
電話番号 03-3275-3131
設 立 1963年6月
資本金 1億6000万円
事業内容 各種運搬用機械の設計・製作・販売並びに据付工事
この事例で 導入された製品
製品紹介ページへ
TECHS-S

TECHS-Sを導入し、社員の意識が変わった

粉粒体から汚泥まで、多様化する搬送ニーズに応える
 エステック株式会社は、1963年に菅原輸機工業株式会社として誕生し、粉粒体・汚泥等の搬送機器の専門メーカーとして、搬送システムの合理化、効率化をめざした各種製品の提供を行っている。
 1988年には茨城県つくば市のテクノパーク豊里工業団地内に工場を築造し、受注から出荷まで最新の技術レベルを誇る一貫生産システムを確立させ、高品質の製品を提供する為の仕組みを構築した。
 同社の主力製品はSNECON(スネコン)という名のチェーン式コンベヤである。スネコンは通常のコンベヤでは行えない、傾斜・水平・垂直の自在な搬送形状を1台で可能とした画期的なシステムである。また外気に触れない構造の為、食品・薬品など安全性が問われる物や、有害物質や廃棄物などの搬送を小型で安価に行えることから搬送機の概念を変えたとさえ言われている製品である。累計で2万台以上の納入実績があり、鉄鋼・鉱業・機械・電力・電気・化学・薬品・飼料・石油・ゴミ処理場など幅広い分野で欠かせない存在となっている。
 1993年には社名をエステック株式会社に変更したが、「製品の耐久性が高いから、未だに旧社名で問い合わせをしてくるお客様が多いのですよ」とお話されるところからも、同社の品質の高さとその自信を窺うことができる。
社員が自前で作成したソフトのメンテナンスにリスクを感じたのがきっかけ
 以前は社員が自作したソフトを利用していたが、作成した当人に不測の事態が発生すれば、お客様にまで迷惑が及ぶのは避けるべきとの思いからシステムの検討が始まった。
 検討の際には、いくつかの生産管理システムが候補に挙がり、各社のデモンストレーションを見たが、当社の一品料理型の生産形態にピッタリと合うのはテクノア社の『TECHS-S』だけであった。従来の仕組みから変えたくない部分も、『TECHS-S』であれば簡単なカスタマイズで済んでしまう事も選択の決め手となった。
 松本氏は「原価管理と在庫管理の強化が経営課題になっており、特に個別原価管理に強いシステムが欲しかった。その点『TECHS-S』では多くの導入実績があるので信頼感がありました。」と語ってくれた。
『TECHS-S』の導入により社員の意識に変化が現れた
 『TECHS-S』を導入してから社員に変化が現れたという。「特に在庫に対する意識が変わりました。今まで効率的な使い方ができていなかったが、自分で入力するようになってからは、会社の資産を使っているのだという意識がついてきました。また各自に入力させる事で、仕事のつながりや結果を体感できたのが良かった。後工程の事を考えて行動ができるようになり、仕事の流れがスムーズになった。会社の中での自分の役割が意識できるようになったという事でしょう。それとパソコンが打てないと思っていた人たちにも、半強制的に使わせたら、全員が使えるようになった。それが自信になったのでしょう。やる前から拒否反応を示す人が減りました。」
蓄積されたデータを有効活用
 『TECHS-S』導入のメリットとして、蓄積されたデータを有効活用しやすいという点が挙げられる。今回のシステム導入の検討において、まず考慮したのが財務会計システムとの連動であった。毎月多くの物品購入があるが、従来は物品手配と財務会計が別のシステムであった為、それぞれ入力が必要で、多くの手間が取られていた。『TECHS-S』導入後は、財務とのデータ連動により、一気に事務工数と転記ミスを削減できたという。
 また『TECHS-S』のオプション機能である『EUC Tool(イーユーシーツール)』をうまく活用している。「「EUC Tool」により「製品別納入実績表」や、「売上ランキング表」などを手軽に作成して活用しています。データがたまるに連れて他にもいろいろ作成したいと思っています。」とのこと。これらの分析及び集計帳票が簡単な項目選択や設定を行うだけで作成できるので、「EUC Tool」の活用で、蓄積したデータを基にして更なる有効利用へと期待を膨らませています。
TECHSサポートセンターの利用でシステム管理が安心で楽になった
 「TECHSサポートセンターのおかげでシステムの管理に手間がかからない。」と語ってくれたのは総務チームの渡部氏である。『TECHS-S』導入時のプロジェクトリーダーとして活躍された同氏であるが、稼動後も何かある度に自分の手間が取られるのではないかと心配をしていた。「サポートセンターでは当社のカスタマイズ仕様はもちろん、いつ、どの様なサポートを受けたかの履歴を管理してくれているので、自分の負担がかなり軽減されています。」と話す。

詳細情報