お客様プロフィール

商 号 株式会社 コスモ・サイエンス
所在地 神奈川県
電話番号
設 立 1984年12月
資本金 1000万円
事業内容 真空装置設計・製作・組立・検査・現地搬入・立上、 各種配管製作・現地施工
この事例で 導入された製品
製品紹介ページへ
TECHS-S

業務全体が効率化!社員のコスト意識も上昇

広範囲にわたる最先端テクノロジーを提供し共に成長をめざす
 株式会社コスモ・サイエンスは昭和59 年の設立以来、真空機器の設計・組立及び関連部品の製作にて、業界トップメーカーの株式会社アルバックと取引を続けている。近年は他の真空装置メーカーからの依頼を受け、真空チャンバー、成膜装置、真空蒸着装置などの設計・製作・製造を請負い更なる成長を続けている。
同社は、設計から部品の調達・製作、組立、検査、現地搬入・立上、そして真空配管やプロセスガス配管の現地施工まで、一貫して行うことの強みにより、顧客から高い信頼を獲得している。今後は真空装置で培った技術を活かし、最先端のテクノロジーを駆使して、エネルギー、環境、医療、食品、化学、バイオなどの関連業界に対しても顧客開拓を積極的に行う予定であるという。
また、多様な客先ニーズに対応できる体制を構築することを目標に、社員のスキルを向上させる教育システム確立の取り組みに力を入れている。
各工場バラバラのシステムが弊害に
 企業の発展に伴い、湘南工場、戸田工場、藤沢工場と次々に建設してきたが、業務部門のシステム導入は当初は行っていなかった。現場でExcelを使い、簡単な表計算による管理を行う程度で、実績工数の集計や分析までは手がまわらない状態であったという。その後工場ごとに、自作のシステムや、ソフト会社に委託して作成したシステムを導入し、業務の管理レベルの向上を図ってきた。
管理部部長のO氏は「独自のシステムの導入により、受注管理も実績工数の集計も比較的簡単に行うことが出来るようになりました。しかしながら、それぞれのシステムが独自に動いているため、将来的には統合したいと思っていました。」と当時の状況を振り返る。
そして平成15年に現在の平塚工場の設立により全工場の統合を行なった事で、バラバラのシステムを使用していることの弊害が目立つようになってきた。そこで、全システムを統合した新たな生産管理システムの導入を本格的に検討し始めたという。
生産管理システムの導入により業務の見直しを行う
 生産管理システムの選択にあたり、フルオーダーのシステムとパッケージソフトの利用のどちらを選ぶべきか非常に悩んだという。
これについてO氏は「自社のやり方に合わせてシステム開発を行ったのでは今までの状態と何も変わらない。そこからは業務の効率化や合理化のメリットを享受することは困難だろう。自社の発展のためには業務フロー全体を見直すべきだ。それには自社の業務を既存のパッケージソフトに合わせることが近道で、しかも確実であり、さらには優れた企業のベストプラクティスを取り入れられると思った。」と話してくれた。
そしてパッケージソフトの選定にあたっては、自社の生産形態である個別受注型に特化していること、導入実績の多いことがTECHS-Sに決めた理由とのこと。社内の発注担当者から「TECHS-Sの発注システムはいいと思うよ。」という意見があったことも決め手になったという。
TECHS-S 導入で実現した原価管理と在庫管理
 同社はTECHS-Sを導入することにより様々な効果が得られたという。
代表取締役 M氏は「TECHS-S導入の目的は原価管理と在庫管理でした。 TECHS-Sではリアルタイムに原価進捗が把握できるため、社員全員がコスト意識を持つようになりました。さらに物件ごとの原価推移の資料など経営管理上貴重なデータが、正確に、素早く見ることができようになりました。 また営業段階で、正確な見積ができるし、パソコン画面から、在庫状況を簡単に把握できるため非常に便利になりました。」とのこと。
最後に「今後はTECHS-Sの有効な部分をもっと活用しつつ、他社よりも小回りが効くという自社の強みをさらに磨いていきたい。」 と今後の展望を話してくれた。
株式会社コスモ・サイエンスは、「品質の向上」を目指すことは当然のことながら、顧客の要求以上の品質の実現に向け努力を続け、顧客や地域社会との信頼関係を益々深めながら更なる発展を遂げるであろう。

詳細情報